総合 ゲーム 画像動画

httpsのサイトでブックマークレット、スクリプトを動かす方法 firefox

2017.11.30

https通信を行っているウェブページではセキュリティを高めるために、外部スクリプトの実行をブラウザ側が制御しています。そのせいでブックマークレットが使えるサイトと使えないサイトが出てきます。

ブックマークレットとは、ブラウザのアドレスバーにJavaScriptを入力してスクリプトを動かすURLをブックマークとして保存し、ブックマークを開くとそのスクリプトを実行する簡易的なUserScriptのことです。

Firefoxではabout:configの設定を変更することでhttps通信を行っているウェブページでも外部スクリプトを動かすことが可能になります。

「あとで読む」などのブックマークレットを使用したサービスが使えない場合などにこの方法は有効です。

 

 

これから行う方法は必要な場合のみ設定を変更するようにしてください。設定は自分で変更しない限り元には戻らないので、セキュリティの穴が空いたままになってしまいます。

アドレスバーに「about:config」と入力して設定ページに移ります。

検索に「security.mixed」と入力します。

security.mixed_content.block_active_contentの値を「false」に変更します。

デフォルトでは値が「true」になっています。ダブルクリックすることで真理値はtrueとfalseが入れ替わります。

 

「false」の間は外部スクリプトが使えます。

必要のないときは必ずデフォルトの「true」に戻しておきましょう。

この記事へのコメント

  1. 名前:名無しさん 2018/03/19(月) 06:11:39返信する

    security.csp.enable を false だよ

    • 名前:hyper_T 2018/03/19(月) 07:34:20返信する

      security.csp.enableにはSSL化されたページで混在アクティブコンテンツのブロックを解除する動作はありませんので、
      security.mixed_content.block_active_contentの値を「false」に変更してください。

コメントを残す。

メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。URLを含むコメントは承認待ちになります。