総合 プログラミング 画像動画

ゼノブレイド2 チャレンジバトルで今後活躍しそうなブレイドと戦法

今後チャレンジバトルで活躍しそうなレアブレイドと戦法を紹介します。今回は私が上げている動画ではなく、海外のプレイヤーSmaltenさんが上げている「雲海大王の逆襲」のタイムアタック動画を元に解説しようと思います。

 

動画

 

パーティー構成

構成(必須装備のみ)

トラ

アクセサリ:クリティカルシンボル、真紅のはちまき、バーストシンボル
ポーチ:カチコチチャイム、メタルスネア
ハナJDハナJK:マッスルカスタムMaster、エレメンタルコア火、ACアーツ強化V、AC会心アップV、開幕アーツV、フュージョンコンボV、SPバイタルチャージV、エーテル力プラスⅡ、先制キズナV
ハナJS:エーテルカスタムMaster、エレメンタルコア雷、AC会心アップV、先制キズナV、スイッチ短縮V、筋力プラスⅡ

ニア

アクセサリ:タキオンマフラー、バーストシンボル、マスターグラス
ポーチ:コーラルマリンバ、純白の恋~雪原を超えて~
カムイ:日中命中アップⅥ、ダウン抵抗Ⅵ(ブレイク抵抗V)
アザミ:アクアティックハンターⅥ、室外攻撃アップⅥ
フュージョン5風コモン:先制キズナV、フュージョンコンボⅥ

レックス

アクセサリ:クリティカルシンボル、真紅のはちまき、バーストシンボル
ポーチ:カチコチチャイム、メタルスネア
テンイ:キズナMAX攻撃Ⅵ、室外攻撃アップⅥ、必殺技Lv1強化Ⅵ
ザンテツ:室外攻撃アップⅥ、必殺技Lv2強化Ⅵ
フュージョン5雷コモン:先制キズナV、フュージョンコンボⅥ

ハナJDはプレオンチップ、アザミテンイはスパイラルチップです。

 

解説

動画では多重フュージョンコンボ飛び道具キャンセルのテクニックを使って100万ダメージを連発しています。多重フュージョンコンボと飛び道具キャンセルの詳細については過去記事を見てください。

フュージョンコンボの仕様と多重フュージョンコンボについて
火力を上げるテクニック、飛び道具キャンセルの仕様

今回注目すべき点はダウン状態ではなく、ブレイク状態で3重フュージョンコンボをかけているところです。新しく追加された「タキオンマフラー」でブレイクを16.4秒に延長してチェインアタックが終わるまで3重フュージョンコンボを維持させています。

3重フュージョンコンボを利用することで、

  1. ハナJD:5HIT
  2. アザミ:5HIT
  3. テンイ:16HIT
  4. ハナJD:5HIT
  5. アザミ:10HIT
  6. ザンテツ:10HIT

の100万ダメージを叩き込んでいます!これに加えてばらばらミサイル10HITです。

40秒ほどのセットアップでこれだけのダメージを出せるのは凄いですね!構成がシビアなのは当然としてプレイもかなりシビアです。

 

詳しい手順

  1. 即抜刀しレックスの必殺1をフュージョンコモンに使わせる
  2. ヘイトを奪わないようにしつつオートアタックキャンセルスイッチで必殺リキャストを溜める
  3. ニアがベストなタイミングでブレイクしてくれることを祈りつつJKで必殺2を使う
  4. フュージョンコモンに必殺3を使わせる
  5. ばらばらミサイルをすぐに使い飛び道具キャンセルチェイン
  6. JD→アザミ→テンイ→JD→アザミ→ザンテツ

ニアがベストなタイミングでブレイクを使ってくれるかどうかが鍵です。ブレイクの成功率命中率に加えてHP管理も運なので、記録を出すには100回以上試行する必要があるでしょう。

運が良くても入力が遅れるとチェインアタックの途中でブレイクが途切れてしまいます。この記録と構成はなかなか凄いものだと思いました。

 

 

今後活躍しそうなブレイド

新たなアクセサリなどが追加されたことで上限の100万ダメージを出すことは簡単になりました。しかしチャレンジバトルでは敵の耐久力が上がり必殺技2や3まで使うことも増えてきました。

タイムアタックの動画や記録なども色々チェックしている中で最近活躍していると思ったレアブレイドを紹介します。

 

クビラ
主に効率周回や雑魚敵が多いチャレンジで大活躍しています。バトルスキルの「与ダメージ+120%」に加えて「攻撃範囲+120%」が強力です。

ハナJS
私の記事ではまだ紹介していませんが必殺技1が円形の範囲技で複数体巻き込んで倒すのが強いです。ハナJDのハッピーセットのおまけだったハナJSですがクビラのオトモへと大躍進です。

フィオルン
天地一閃マシーンが強いです。こちらもクビラと組み合わせて使います。

テロス
チャレンジバトルとバトルスキルの相性が良いです。チャレンジバトル救済も考えた上での調整だと思います。

ザンテツ
必殺技2専用ですがタイムアタックでよく使われるようになってきました。必殺技2が10HITなだけでなく、なにげにザンテツも「防御力無視」を持っています。チャレンジバトルでは敵の耐久力が高いのでこのスキルがあるだけで全然違いますね。

アザミ
チャレンジバトルに限らずタイムアタック系で見たことがなかったので驚きました。HP調整が面倒で必殺技2まで使う機会が無かったので注目していませんでしたが、これから活躍する機会が増えると思います。

 

ハナJDやコスモスやヒカリなど常に活躍しているブレイド以外で今アツいブレイドがいれば教えてくださいね!

 

この記事へのコメント

  1. 名前:名無しさん 2018/06/24(日) 11:44:44返信する

    以前からn重フュージョンという書き方がこんがらがるのですが
    ダメージ補正のかかるフュージョンコンボをn回した事を指すと思っていた所
    記事ではダメージ補正のないブレコン1→ブレイクアーツの始動部分も回数に含めて
    三重と表記しているようなのでこれが正しいという事でよろしいでしょうか?
    一口に二重と言っても始動に補正があるかで全然違うと思ってはいましたが
    始動補正無し二重フュージョンと始動補正有り単フュージョンでは
    ダメージ補正が入る部分のコンボ値が同じでもドラコン延長があるので
    全く同じ条件とはならない為、何が何だかわからなくなりました

  2. 名前:名無しさん 2018/06/24(日) 12:38:32返信する

    >>1
    動画では必殺技1を指示→ブレイク→ブレコン1の順番に発生しているので
    ダメージ補正のあるフュージョンコンボが成立していると思いますよ
    また多重フュージョンはダメージ補正が累積していくことで
     
    ブレイク+ブレコン1(+50%)

    ブレイク+ブレコン2(+50+50=+100%)

    ブレイク+ブレコン3(+100+75=+175%)
     
    となり、ドラコン中は+175%のダメージ補正が得られるということを示しているのだと思います
    (私は倍率を確認したわけではありませんが)

  3. 名前:名無しさん 2018/06/24(日) 14:01:01返信する

    多重フュージョンコンボ…ダウン…延長…!オオツチさんの出番か!
    …と思ったら、ブレイクの方が6秒も長いんですね、ダメじゃん、オオツチ。

  4. 名前:hyper_T 2018/06/24(日) 17:33:39返信する

    >>1
    手順を文字で読むだけではブレイドコンボ1からブレイクを始めるようにも思えますが、
    必殺を出してからブレイドコンボが発動するまでには必殺の演出がありますよね。
    その必殺の演出中にニアがブレイクすることで、ブレイクが決まったあとすぐにブレイドコンボが発動します。
    ブレイクの時間を無駄なく使うための入力ということです。
     
    多重フュージョンコンボは
    同じリアクション中に2回以上ブレイドコンボを進めることで発生します。
    リアクションが途切れると補正は終了します。
    ダメージ補正の蓄積に関しては>>2が分かりやすいと思います。
     
    >>3
    ダウン延長に上限がなければ!

  5. 名前:名無しさん 2018/06/28(木) 23:59:23返信する

    アザミはアレイスター周回の動画で主役になっていたのなら見ましたね
    必殺2よりもむしろ必殺1が優秀ではないでしょうか

  6. 名前:hyper_T 2018/06/29(金) 00:21:51返信する

    >>5
    1も2も優秀大躍進ですね。
    準備が面倒なのが玉に瑕。

  7. 名前:名無しさん 2018/06/29(金) 14:05:16返信する

    動画ではカンストしてるから必要ないのでしょうが
    アザミ使うならニアよりもジークかメレフを入れて
    HP1を維持してチェインアタックに入りたいところですね
    ニアの裏キズナ(チェインで回復)はアザミ使いには地雷!

  8. 名前:hyper_T 2018/06/29(金) 18:34:52返信する

    >>7
    戦闘不能で与ダメアップ系の邪魔になる戦闘不能抵抗も取らなければ良かったと思うことが多々あるので、キズナ初期化とかできたら良いんですけどね。

コメントを残す。

メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。URLを含むコメントは承認待ちになります。