Gulikit Kingkong Pro Controllerを購入したのでレビュー評価

Switch用のコントローラー「Gulikit Kingkong Pro Controller NS09」を購入したので使用感などレビューを書いておきます。

マクロ機能」があるコントローラーです。

 

Kingkong Pro Controller NS09

製品ページ:http://www.gulikit.com/article_read_216.html

主な仕様

  • ボタン:A, B, X, Y, L, R, ZL, ZR, START, SELECT, Dpad, L3, R3, HOME, CAPTURE, OPTION, LEARN, Mode, Pairling
  • スティック:L, R
  • ポート:USB type-C
  • 無線、有線両対応
  • ジャイロ、加速度、NFC
  • 連射機能、マクロ機能

 

マクロ機能

あらかじめ設定した入力を自動で行う機能です。例えば「A→B→上→X」というようなコマンドをマクロに設定すれば、マクロボタンを1回押すだけで「A→B→上→X」と自動で入力してくれます。

 

マクロ機能の仕様

NS09 CYBER
対応していないボタン OPTION
LEARN
Mode
Pairling
HOME
CAPTURE
TURBO
M1-4
スティック操作 対応 非対応
記録 10分間 16入力

 

別のマクロコントローラーで「CYBER・ジャイロコントローラー」も持っているので仕様を比較してみました。

これまでCYBERコンを愛用してきましたがキングコングの方が優れています!

 

ホームボタンとスティック操作に対応していて、記録時間が10分もあります。

ちょっと使ってみましたが市販されているマクロコントローラーでこれはかなり優秀だと思いました。マクロの記録、再生の精度が高いです。

 

細かい操作が必要な「対戦ゲーム」でマクロを使っても勝てるようにはなりませんが、RPGなどで時間のかかるレベル上げや金策を放置で行えるようになります。

 

今回はゼノブレイドDEの「ノポンクリスタル稼ぎ」をマクロでやってみました。

 

動画は連続で4ループさせたのを並べて表示しています。

スティック操作は記録した通りで、ボタンの入力タイミングもほぼズレがありません。

素晴らしいです。

 

ホームボタンにも対応しているので本体の日付を操作することも可能です。

「ポケモン」だとワット稼ぎを完全放置で永遠に、「あつ森」だとキャンプサイト厳選や離島厳選を放置で行えるでしょう。

 

 

使用感

コントローラーの形はXbox360の純正コントローラーにかなり近いです。手触りはソフトです。

 

ボタンの配置は中央のスタート、セレクト、ホーム、キャプチャの配置がちょっと窮屈でスタートボタンとセレクトボタンが押しづらく(遠く)感じました。

でも慣れれば気にならなくなる程度ですね。

 

ペアリングは最初に有線で本体(ドック)に繋げば無線の方も登録されます。

ドックに繋げるUSBは付属されているので別途買う必要はありませんがコードはそれほど長くありません100cmです。

あと無線は10分間操作しないと自動で電源オフになります。有線だとオフになりません。

 

ボタンの押し心地はやや固めです。スティックもやや固めだと思います。

ZLZRのトリガーは感圧式でストローク(深さ)は並だと思います。

トリガーの押し込み感度はコントローラーのみで調整できます。

 

 

  • 連射機能
  • マクロ機能
  • 有線無線切り替え
  • ジャイロ
  • NFC

これだけ揃っているのであとは耐久性に問題がなければ最高ですね。

普通のコントローラーとしてもかなり良い感じです。

 

 

注意点

この製品は中国製で説明書やサポートは日本語に対応していません。

コントローラーのアップデートもPCで行います。

あと価格がネットだと1万円を超えているところもあると思います・・・。

私は6000円弱で購入しました。海外のアマゾンだと49ドルとかですね。

 

NS08ではなくNS09

ボタンがカラフルなやつは1つ前のモデルです。マクロの記録が最大10秒でNFCに対応していなかったりします。購入するときは間違えないように。

 

 

使い方

説明書が英語なので少しだけ解説しておきます。

 

歯車ボタン

複数の機能・設定があります。

機能 操作 説明
連射切り替え 歯車とA,B,X,Y,R,ZR 1.ボタンを押している間は連射
2.ボタンを押すと連射し続ける
もう一度ボタンを押すと連射停止
3.連射割当クリア
AB、XY切り替え 歯車と+ボタン AとB、XとYを入れ替えます
バイブレーション調整 歯車と十字キー上下 バイブレーションの強さを変更
設定初期化 歯車と-ボタン 全ての設定を初期化
ジャイロ感度調整 歯車とL,ZLボタン 1.感度弱
2.感度中
3.感度強
4.クリア
スティック感度調整 歯車とスティック押し込み 1.感度中
2.感度弱
3.クリア
ZLZR感度調整 歯車と十字キー左右 ZLとZRの押し込み感度を調整

 

主に使うのは「連射切り替え」でしょう。よくあるパターンで歯車を押しながら連射に対応しているボタンを押すだけです。

連射切り替えの操作を行うたびに1→2→3→1と状態が変わっていきます。

1だとボタンを押している間は連射、2だとボタンを押すごとに連射ホールドと停止を切り替えます。

連射はLとZLは対応していないので覚えておきましょう。

 

「スティック感度調整」はX軸とY軸の上限を60%、30%まで下げます。

スティックを倒しきっても傾けている状態になる感じですね。

役に立つゲームもあるでしょうが気づかないうちにオンになっていると困りますね。歯車とセレクトボタンで初期化できるのでおかしいと思ったら初期化しましょう。

 

 

ラーニングボタン

歯車の下にあるボタンです。これでマクロ機能を操作します。

マクロの記録は「ラーニングボタンを3秒間押し続ける」と始まります。

コントローラーが長く振動したあとに記録受付になります。

記録している間も入力は送信されるのでゲーム画面を見ながら記録できます。

記録の終了はもう一度ラーニングボタンを押します。

 

マクロの再生は2種類の方法があります。

  • 1回だけ再生:ラーニングボタンを1回押す
  • 止めるまで何度も再生:ラーニングボタンを2回押す

 

マクロは再生中にスティック以外のボタンを押すとその時点で止まります。

 

 

Modeボタン

コントローラー上面にある2つのボタンのR側にあるのがModeボタンです。

2秒間押し続けるとモードが切り替わります。Switch用、PC用、Android用のコントローラーに切り替わります。

2回押すとコントローラーの電源が切れます。

 

 

アップデート

現時点でVer2.0.0のファームウェアが配信されています。

バグの修正とマクロの記録精度を上げる調整がなされているので可能な方はアップデートしておきましょう。自信がない方はやめておきましょう。

 

ファームウェアは公式サイトで配布されています。

http://www.gulikit.com/article_list_29.html

「Update Firmware V2.0 for King Kong Controller NS08 & NS09」が現時点での最新バージョンです。

 

手順

  1. Modeボタンを2回押しでコントローラーの電源を切る
  2. PCとUSBで繋げる
  3. ラーニングボタンを押しながらAボタンを押すと「GuliKit」というドライブが認識される
  4. GulikitドライブのルートにN09_UPGRADE_V2.0.binを移す
  5. あとは自動で更新が完了してドライブがアンマウントされる(コントローラーの電源が切れて充電中になる)

 

コントローラーをPCにつないでファイルを1つ移すだけなので簡単ですね。

更新を途中で止める場合はModeボタンを2回押してコントローラーの電源を切るだけです。ドライブマウント中はUSBの接続を切らないようにしましょう。

 

この記事へのコメント

  1. 名前:名無しさん 2020/06/29(月) 07:52:27返信する

    gulikitの商品ははaliの公式ストアだとちょっと安いですね。
    Bluetoothアダプターを買うときに利用しました。

  2. 名前:hyper_T 2020/06/29(月) 13:54:43返信する

    >>1
    情報ありがとうございます。
    GuliKit Official Storeで販売されているのを見つけたので貼っておきますね。
    https://ja.aliexpress.com/item/4000036191208.html

コメントを残す。

メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。URLを含むコメントは承認待ちになります。