天穂のサクナヒメ 稲の成長と稲作スケジュール

天穂のサクナヒメ 稲の成長と稲作スケジュール

種籾選別から収穫するまで稲がどのように成長していくかを調べました。

何時間でどこまで成長するのか?」「早植にするには田植えはいつ行うのか?」など。

 

季節と時間

季節は1日で1ヶ月、時間は確認するのがちょっと難しいですが24時間あります。

解説では日付が変わった地点を0時としています。

 

 

稲作スケジュール

期限がある工程

季節 開始可能 終了日
冬1
冬2 収穫
稲架掛け
精米
合鴨
冬3 田起こし 種籾選別
春1 田植え(育苗18時間後)
合鴨
田起こし
種籾選別
春2
春3
夏1 田植え
夏2
夏3
秋1
秋2
秋3

稲作の最終日が冬の2で、冬の3になると収穫、稲架掛け、精米を全て田右衛門が行います。「収穫」と「脱穀」を田右衛門に任せると0.8倍のマイナス補正が掛かります。

「田植え」を任せると0.5倍のマイナス補正。全部自分でやりましょう。

 

冬の3になると「田起こし」と「種籾選別」が行えるようになります。

種籾選別を行うとその後の成長スケジュールが決定するのでタイミングは重要です。

田起こしは全力100%を狙いましょう。元肥は肥料過剰にならないようにします。

 

合鴨はヤっちまうなら冬2までです。真夜中、奴らが寝ている間に・・・!

 

 

稲の成長スケジュール

季節 最速 最遅
冬1
冬2
冬3 0時:育苗
18時:田植え可能
春1
春2 7時~:一次分けつ 0時:育苗
18時:田植え可能
春3 7時~:二次分けつ
12時~:三次分けつ
夏1 12時~:出穂 7時~:一次分けつ
夏2 6時~:登熟 7時~:二次分けつ
12時~:三次分けつ
夏3 8時~:収穫可能(成熟) 12時~:出穂
秋1 12時~:過熟 6時~:登熟
秋2 8時~:収穫可能(成熟)
秋3 12時~:過熟

 

稲は種籾選別を終えると「育苗」が始まり、「苗期」になります。

その後は「収穫可能」になるまで決められたスケジュールで成長していきます。

植えるタイミングを早くしたり遅くしたり、天候や水かさを変えたりしても変わらず、時間経過で成長していきます。

最速冬3に育苗を始めて夏1に植えた場合はいきなり出穂しています。

 

次の段階まで必要な時間

  • 苗→一次分けつ:2日と7時間
  • 一次分けつ→二次分けつ:24時間
  • 二次分けつ→三次分けつ:5時間
  • 三次分けつ→出穂:24時間
  • 出穂→登熟:18時間
  • 登熟→成熟:26時間
  • 成熟→過熟:28時間

 

追記 2020-11-27

選別を始めた時間帯で必要な時間が変わるようです。

hyperWikiに6時間ごとのデータを追加しました。

 

 

登熟期について

「登熟期」というワードは農書『量・秋の巻』に出てきますが、稲の強さには「成熟」と「過熟」しか表示されないので強さを見ても分かりません。

登熟期を調べるには水かさを調整しながら稲の強さをメモしていけば分かるはずなので、調べてみました。

 

 

計測条件

  • 出穂は夏1の12時(最速パターン)
  • 水かさは強さ確認後に40%(深水)まで上げる
  • 水かさ以外の手入れなし
時間 状態
夏1の12時 出穂0% 5220 4155 4111 3823 3629 4023
夏1の13時 40%微高 5220 4115 4111 3823 3630 4025
夏1の18時 34%微低 5222 4155 4111 3823 3638 4031
夏2の0時 33%低 5223 4115 4111 3823 3639 4032
夏2の6時 37%微低 5225 4155 4111 3823 3650 4036
夏2の12時 31%並 5231 4155 4111 3823 3653 4037
夏2の18時 33%低 5233 4155 4111 3823 3653 4037
夏3の0時 32%微低 5233 4155 4111 3823 3653 4037
夏3の6時 33%並 5233 4155 4111 3823 3653 4037
夏3の12時 33%微高
8時に成熟
5233 4155 4111 3823 3653 4037
夏3の18時 33%微低 5233 4155 4111 3823 3653 4037
秋1の0時 32%微高 5233 4155 4111 3823 3653 4037
秋1の6時 33%並 5233 4155 4111 3823 3653 4037
秋1の12時 過熟 5233 4155 4111 3823 3653 4037
冬2 過熟 5233 4155 4111 3823 3653 4037

出穂期に「深水 」だと「美」が上がるので水かさは6時間ごとに多めに40%まで入れておきました。

結果を見ると「夏2の12時」まで美が上がり続けています。

時間もちょうど24時間なのでそれっぽいですね。

 

 

計測条件

  • 出穂は夏1の12時(最速パターン)
  • 水かさは0%かけ流し
  • 一切の手入れなし
時間 状態
夏1の12時 出穂 5220 4155 4111 3823 3629 4023
夏1の13時 5220 4115 4111 3823 3629 4025
夏1の18時 5222 4155 4111 3823 3629 4035
夏2の0時 5222 4115 4111 3823 3629 4036
夏2の6時 5225 4155 4111 3823 3629 4054
夏2の12時 5232 4155 4111 3823 3662 4060
夏2の18時 5236 4155 4111 3823 3682 4063
夏3の0時 5236 4155 4111 3823 3682 4063
夏3の6時 微低 5237 4155 4111 3823 3685 4063
夏3の12時 5239 4159 4136 3910 3756 4070
夏3の18時 微低 5239 4159 4136 3910 3756 4070
秋1の0時 微高 5239 4159 4136 3910 3756 4070
秋1の6時 微高 5239 4159 4136 3910 3756 4070
秋1の12時 微高 5239 4159 4136 3910 3756 4070
冬2 過熟 5239 4159 4136 3910 3756 4070

「深水」が夏2の12時まで有効だったので「かけ流し」も夏2の12で「美」が上がるのは予想外の結果です。

6時から12時の間に登熟期に移る場所があるかもしれないので、さらに細かく1時間区切りで調べましょう。

 

成熟したときの変化

その前にもうひとつ気になるのは、成熟した地点で(夏3の12時)で、深水のときは変化がなかった全ての強さが上がっています。

これは成熟時に全ての数値が上がるのが普通で、深水パターンは水かさによる病気やらでマイナスになったことが考えられます。

 

 

さらに細かく比較

時間 かけ流し 深水 水なし
夏2の6時 3629 3635 3629
夏2の7時 3637 3635 3629
夏2の8時 3642 3635 3629
夏2の9時 3647 3635 3629
夏2の10時 3652 3635 3629
夏2の11時 3656 3635 3629
夏2の12時 3661 3635 3629

登熟期は出穂の18時間後で合っていそうですね。

ちなみに登熟期の深水でも「美」は上がっていきますが私の田んぼの環境だと他のマイナス要素に勝てず変化なしになっています。

 

 

田植えと収穫のタイミングについて

最後の評価項目で「田植え」は早植・標準・遅植、「収穫」は早・普・遅に分けられます。

収穫の方は晴れているときならタイミングはあまり気にしなくても大丈夫ですが、田植えの方は「早植」をすると「粘」が上がります。

 

田植え・収穫のタイミングと評価

評価 田植え 収穫
春1朝6時~春3朝7時 ~秋1朝6時
春3朝8時~夏1朝7時 秋1朝6時~秋2
夏1朝8時~ 秋3~

どちらも作業を終えた時点での時間です。

春1に田植えを始めて最後の1本を残しておいて、夏1の8時に終えた場合は遅植になります。

 

 

ベストな稲作スケジュール

  • 田植えは早植
  • 気温と水温
  • 暑いときに水を入れると水温が下がり
  • 寒いときに水を入れると水温が上がる

まだ何も考えていませんが逆算していけばベストなスケジュール(種籾選別のタイミング)が分かるはず。

でも温度、雑草、病気、虫とまだ調べることは多いので最適を見つけるのはもう少しかかりそうですね。

 

今回は時期についてある程度分かったので評価項目のページに解説を追加しておきます。

 

この記事へのコメント

  1. 名前:名無しさん 2020/11/26(木) 02:34:27返信する

    温度管理はどうするのがよいのかさっぱりです…気温と田の温度でバランスを取ればいいのか、
    田の温度だけ見ればいいのか…
     
    春の害虫が増えにくい時期に防虫-にして蜘蛛と田螺を増やす手法があるみたいです。

  2. 名前:名無しさん 2020/11/26(木) 12:06:03返信する

    害虫ゲージを見てれば分かるけど、春先は何やっても害虫が増えないので腐ったものや食べ物を大量投入できる
    最速の春1で植えればそれだけ長く腐ったものを投入できて、米のステが上げやすい
    更に防虫マイナスだと益虫は増えてくんで一石二鳥的な感じ
    ただ、春1は日照り乞いで気温上げても益虫も減るんで、益虫捕まえるのは春2にしたほうが良さげ
    夏3には収穫できるからカメムシや浮塵子の被害を抑えやすいのも早植えのメリットか

    デメリットは育苗や苗期が寒い時期になるので、その辺がマイナスになりそうってことかな
    日照り乞いで対応できるかどうか
    あとは、気温が高いとしらた米ゲージがガンガン上がるので、夏3に収穫するとしらた米率がかなり高くなる
    涼しければしらた米は抑えられるが、収穫を待つとそれだけ長く害虫と戦わないといけない

    まあ、しらた米ゲージは米のステには影響なさそうなので無視してもいいかも
    ただ、来年の種籾に影響するかもしれないが

  3. 名前:名無しさん 2020/11/26(木) 22:22:34返信する

    出穂期と登熟期がどれくらいかは非常に気になっておりました。助かります
    最適を探すのは本当に難しいですね
    気温やその時期に適した水量…考慮する要素が多すぎますね…

  4. 名前:hyper_T 2020/11/26(木) 22:39:07返信する

    >>1
    水かさ水温気温はまだ調べていないので私も分かりません。
    防虫マイナスを上手く活用するとは・・・面白いです!
     
    >>2
    ふんふんなるほど参考になります。まずは1日1日のベストな要素を書き出すところから始めないとですね。その前にまだ調べることがたくさんあるのでとりあえずそちらを片付けていきます。
     
    >>3
    今のところ天気は「晴れてりゃそれでいい!」みたいな感じですが極めると天気を見て細かく水かさを調整するようになったりするんでしょうかね。

  5. 名前:名無しさん 2020/11/27(金) 05:32:00返信する

    養分過剰のマイナスが大きいのでどの程度で養分過剰になるのか分かると嬉しいです。

  6. 名前:名無しさん 2020/11/27(金) 10:25:47返信する

    探索進めるほど増える畑の枚数と稲の量でも適正肥料の量が変動するから調査のしようが無い気がする
    ただゲームシステム上それを判断してるのは過剰生育ゲージだと思うから第三分けつ期~登熟期での葉肥をメモリ2つ以下にすれば多分セーフ(メモリ半分程度で養分1000の土壌にて葉肥360程度で収まり400を超えたら過剰生育が伸びた)

  7. 名前:名無しさん 2020/11/27(金) 22:19:00返信する

    肥料のバランスはよくわからんですよね。
    わたしは未だに根肥の適切な量がわからないです。
    デメリットなさそうなら最大まであげてもいいのかなと。

  8. 名前:hyper_T 2020/11/27(金) 22:56:34返信する

    >>6
    適量は1-100%内と思っていましたがそんなことも無いんですね。
     
    >>7
    根肥は間接的に虫草病気に影響するんだと思います。とりあえず評価項目には根肥だけありませんでした・・・。

  9. 名前:名無しさん 2020/11/28(土) 09:49:39返信する

    >>8
    出穂から成熟まででいろいろ試したところ、葉が40%、穂が80%を超えると養分過剰で品質の上昇量が減りました。適量と少は分かりません。
    あと肥料を撒くかどうかで品質の上昇量が倍近く変わりました。肥料は撒いた方がよさそうです。(素材を入れなくても上がります)

    過剰生育は出なかったのであまり関係ないと思います。
    出穂から成熟まで1日のパターンでしたが、うまくやると1日で品質が合計600程伸びました。(追加素材での+なし)

  10. 名前:hyper_T 2020/11/28(土) 19:03:35返信する

    >>9
    素材なし肥料も有効な場面があるのですね。
    土壌ダイエット中なので使ってみようと思います。あと1日600上昇は凄い。

  11. 名前:名無しさん 2020/12/07(月) 01:10:30返信する

    個人的にはほぼカンストしたんですが粘だけまだ7000くらいなんで粘の伸ばし方が知りたいです

  12. 名前:hyper_T 2020/12/07(月) 11:38:48返信する

    >>11
    評価項目を見ると「味硬粘」は差が出にくくなっているので3000ぐらい差があるのは謎ですね・・・。
    水が足りないと上がりにくいようなので休憩の間隔を短くしてこまめに水を入れるとかでしょうか?あとは選別を冬3の0時にして田植えを早植にする。
    「味硬」が上がっているなら気にせずそのまま育てるのが最善かもしれません。

コメントを残す。

メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。URLを含むコメントは承認待ちになります。