総合 プログラミング 画像動画

スマブラSP 埋め技とレバガチャについて

スマブラSPのレバガチャについて調べました。前回の記事を見ていない人はチェックしてください。今回はインクリングのローラーについて詳しく調べました。

 

前回の記事はこちらです。まだの人は先にこちらを読んでください。

スマブラSP 効果的なレバガチャのやり方

 


 

前回は効果的なレバガチャのやり方を紹介しました。

クルールの下投げで検証していたのですが今回はその他のキャラクターの埋め技も調べたので紹介します。特にインクリングのローラーが厄介に感じている方が多いと思うので、重点的に調べました。

 

今回検証した動画

 

 

各キャラクターの埋め技の拘束力

今回はクルール、ロボ、ゲームウォッチ、ドンキー、むらびと、インクリングの6キャラの埋め技を比較しました。

検証方法はダメージ100%のマリオに対して埋め技を使い、埋まった瞬間から抜けるまで放置して抜けるまでにかかった時間を比較しました。

 

結果

  • ロボ:69F
  • クルール:138F
  • むらびと:223F
  • ドンキー:237F
  • ゲームウォッチ:271F
  • インクリング:344F

インクリングのローラーが一番拘束力が強いという結果になりました。

ロボとクルールは「掴みから投げて埋める」わけですからいきなり埋められるローラーとは体感でかなりの差を感じると思います。

 

 

キャラクターの大きさ、重さと拘束時間の関係

前作では「実はキャラクターの重さに依存する」というのがいくつかあったので、埋め技も一応重さに依存するのかを確認しました。

検証方法は「マリオ」と「クッパ」に対してクルールの埋め技を使い、ボタンを30回/秒入力する方法で抜けるまでの時間に違いがあるのかを確かめました。

結果は動画内では1Fの差が出ていますがこれは誤差で、実際には差はありません。

拘束時間は重さに依存しないです。

全キャラ調べていないので、もしかしたら特定のキャラが抜けにくいなどがあるかもしれません。無いとは思います。

 

 

掴み、投げモーションからの埋め技に対するレバガチャ

これはクルールとロボに対してのことです。

クルールとロボの埋め技は投げから発生するのですが

掴まれた瞬間」「投げられた瞬間」「埋められた瞬間

の3つのタイミングでレバガチャを始めて拘束時間に差が出るのかを確認しました。

 

結果

掴まれた瞬間からレバガチャした方が早く抜けられました。

 

この結果は厳密には私の計測タイミングが間違えている可能性もあるので差はないのかもしれません。

「埋められた瞬間」というのはキャラクターが地面に埋まった瞬間からとしていますが、これが内部的にはもっと早い段階から始まっている可能性もあるということです。

いずれにせよ、レバガチャを埋められるのを見てからやることがないので、掴まれたのを見た瞬間から本気でレバガチャをしましょう!

 

 

ローラーに対するレバガチャ

拘束時間がクルールの倍以上も長いインクリングのローラーですが、レバガチャをした場合にどのぐらいのダメージまでなら抜けられるのか?を調べました。

検証方法はAボタン30回/秒の入力で何%までなら抜けられるのかを確かめました。
インクリングの方はローラーをAボタンでキャンセルした後に横スマをします。
ジャンプでのキャンセルではありません。

 

結果

  • 65%-80%では安定して抜けることができました。
  • 100%-130%では抜けられることもありましたが、かなり厳しかったです。
  • 150%以上では稀に抜けられることもありましたがほぼ確実に当たります。

30回/秒の入力は私が確認できた最高のレバガチャなのでこの結果はかなり厳しいです。

 

HORIコンの20連射/秒でもテストしたところ、ダメージ100%でも確実に抜けられませんでした。

この20連射/秒というのは私の本気のレバガチャと同じぐらいの効果です。

加えて今回は「埋まった瞬間」からテストしているので一切のロスがない状態でこの結果ですから、100%以上で埋められたときにローラーAキャンセルから横スマが届く場合は確定でヒットすると思って良いでしょう。

そして中央からならバーストラインを超えるのでこれは大変ですね・・・。

 

 

ローラーを振ること自体にもリスクがあるのでこれはどうなんでしょう。

埋められてしまった場合はかなり厳しいので若干の下方修正があるかもしれませんね。

下方修正はできるだけ少ない方が楽しいと思うので対策を頑張りたいところです。

あと既にかなり目立ってしまったクルールですが、拘束力だけを見ると実はローラーの方がかなり凶悪でしたね!

 


 

追記 2018-12-19

ゼロスーツサムスも検証しました。
動画

拘束時間:341F

30回/秒入力の場合100%でも抜けられますがその後の上Bがヒット。

20回/秒入力の場合は100%では抜けられないので実戦でもかなり厳しいです。

抜けた後もしっかりと上Bがヒットしないように空中移動したりする必要があります。

 

追記 2018-12-21

十字キーグリグリについて調べました。

GCコントローラーの十字キーをグリグリと押す方法での入力です。

ボタン入力テストで19回入力/秒という結果が出ました。これは私のベストの記録で人によって結果は異なります。

HORIコンの20連射とかなり近い数値になりました。これはスティックグリグリと同じぐらいの効果があるということです。

私のテストではスティックグリグリの方が良い結果が出ていますが、これは操作する人によって結果が逆転する可能性もある程度の差でした。

十字キーグリグリはボタン設定をする必要がありますが、スティックを傷めないという点では優れていますね!

数フレームの差が勝敗を分けることがあるので自信がある方法でレバガチャをしましょう。私はスティックグリグリの方がやりやすいと感じています。

 

それぞれの入力方法のメリット・デメリット

 

この記事へのコメント

  1. 名前:NU 2018/12/19(水) 05:53:28返信する

    ゼロスーツサムスの埋め技も調べて欲しいです。

  2. 名前:hyper_T 2018/12/19(水) 16:01:01返信する

    >>1
    調べて載せておきました。ローラーと同じぐらい厳しいですね!
    今作のずらしがどの程度有効なのかはまだ調べていませんがヒット後のずらしに集中した方が良いかもしれません。

  3. 名前:名無しさん 2018/12/20(木) 22:59:43返信する

    十字キーに他のボタンを割り当ててグルグルすると言うのも聞きました

  4. 名前:hyper_T 2018/12/21(金) 23:14:36返信する

    >>3
    十字キーグリグリについて調べて載せておきました。
    こちらもボタン20連射と同じぐらいの結果になりました。
    私の操作ではスティックグリグリの方が良い結果が出ていますが、人によっては十字キーグリグリの方が良い結果が出るかもしれません。その程度の差です。
    しかしその差が重要になることもあるので自信のある方でやりましょう。

コメントを残す。

メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。URLを含むコメントは承認待ちになります。