総合 ゲーム 画像動画

WordPressで複数のテーマを利用したサイトデザイン

1つのWordPressで複数のテーマを設定する方法を紹介します。

プラグインは使用しません。 WordPress 4.7 以降

 

Template Nameを設定する。

WordPressのダッシュボードで自作のテンプレートをページ別・記事別に選択するには、

ページを生成させるphpファイル(index.php single.php 任意のphpファイル)の先頭にTemplateNameを宣言させる必要があります。

 

xxx.php

<?php
/*
* Template Name: programming
* Template Post Type: post, page, custom
*/
?>

Template Name: 設定した名前がWordPressのテンプレート選択時に表示されます。

Template Post Type: 設定した値がテンプレートを利用できる範囲になります。

post(投稿ページ) page(固定ページ)をとりあえず設定しておきましょう。カスタム投稿タイプがある場合は任意の名前で。

 

このテンプレートネームを宣言したphpファイルは指定しているテーマのルートディレクトリから2階層の範囲しか認識されないので配置場所に注意が必要です。

これで記事や固定ページなどに好きなテンプレート(phpファイル)を読み込ませることができます。

 

単純に公開されているテンプレートに追加するだけではデザインが崩れる。

公開されているテンプレートはそのテンプレートのルートディレクトリを基準に各phpファイルが読み込まれるように作られているので、現在使っているテンプレートのフォルダに新たにフォルダを作りその中に新しいテンプレートファイルを入れてTemplate Nameを設定したとしても正常にテンプレートからHTMLが生成されることはありません。

 

例えばWordPressデフォルトテンプレートのTwentyFifteenとTwentySeventeenを使った例を、

TwentyFifteenのテーマにTwentySeventeenを入れる場合を考えます。

TwentyFifteenにTwentySeventeenフォルダを入れ、TwentySeventeenのindex.phpを編集してTemplate Nameを宣言します。

 

ファイル構成は以下の様になります。

のindex.phpに書かれているコードはを利用してHTMLページを生成します。

Template Name:を設定したindex.phpは通常を利用してHTMLページを生成するようにコードが書かれています。

しかしそのままのコードだと現在使用しているテンプレートのディレクトリにあるを利用してHTMLページを生成してしまいます。

 

公開さているテンプレートをそのまま複数設定する場合は正しいコードに書き換える必要があります。

複数デザインのテンプレートの作り方はこちらの記事で紹介しています。

WordPress自作テンプレートを作る

この記事へのコメント

  1. 名前:Oki 2018/09/14(金) 09:16:26返信する

    私はずっと有効テーマではないテーマをカスタム投稿テーマに出来るの?と思っていて、出来る事は幾らでも記事があるけど”?????”でした!ありがとうございます!やっとイメージ出来て意味が分かった気がします!初心者にも満たないので苦戦しています。ステキな記事を本当にありがとうございました。

  2. 名前:hyper_T 2018/09/14(金) 09:36:24返信する

    >>1
    私もサイト立ち上げはトライアンドエラーの連続でした。
    コツコツ知識を蓄えていきましょう!

コメントを残す。

メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。URLを含むコメントは承認待ちになります。