ポケモンソードシールド 運ゲーパを作ってみけどダメダメでした

ポケモンソードシールド 運ゲーパを作ってみけどダメダメでした

怯み・急所・回避・一撃必殺を軸にした運に頼ったパーティーを作ってランクマッチに挑戦してみたところ、残念な結果になりました。改善案の募集も兼ねて今回使ったパーティーを紹介します。

 

前回のトリルパは良い感じだったのでオススメです。

ポケモンソードシールド トリルパが良い感じだったので使用パーティーを紹介

 


 

運ゲーパを作ろうと思った理由

そりゃあもう決まってますよ!

相手の急所、麻痺、怯みに泣かされたからです!

 

「確率は確率」できちんと計測すれば操作されていないことは分かるのですが

 

「ここで急所さえなければ勝てる」

 

というときに限って相手の急所が出ます!

しかもミミッキュなどの強ポケに限って引いてきます(偶然)

こっちが頑張って対ポケを組み込んだのに、運だけでアッサリなかったことにされるのは辛いですよね・・・。

 

どうせ運ゲーで負けるなら、初めから運ゲーで挑んでやろう(`∀´)Ψ

ということで禁断の「運ゲーパ」やっちゃいましょう!

 

 

戦績

パーティーは作りましたがあまり使いませんでした。20戦ほどして勝率5割を切っています。順位は13万台と悪いです。

 

 

パーティー構成

今回の構成はかなり甘いです。組んでから一度も調整をしていません。あと「運ゲー」に振り切れていません。まだまだ優しいです。

  • トゲキッス

ごくごく普通の最速弱保キッスです。

てんのめぐみからエアスラしてるだけでも強いですよね。泣かされた人は数知らず・・・。

今回のパーティーの要で3抜きアタッカーとして活躍してくれました。

他のポケモンが積みを前提としてるので相手が先にダイマックスを切ってくれるので、とても使いやすかったです。

 

  • オニゴーリ

ムラっけオニゴーリです。

努力値は最速+耐久調整です。まもるとみがわりで積んでからフリーズドライとぜったいれいどで倒します。

思っていたようには機能しませんでした。時間をかけて能力を上げても「1体倒せれば良い」という感じでした。

でも相手からすれば「放っておくと手に負えなくなる可能性がある」ので、交代やらダイマックスを強制させる力は高いと感じました。

運ゲーパではなくオニゴーリ単体でパーティーに組み込むのは全然アリだと思います。

 

  • オクタン

ムラっけオクタンです。

オニゴーリと並んでオクタンがいるわけですから、相手はパーティーを見ただけで恐怖したことでしょう。

努力値は耐久特化です。持ち物はラムでまもるとねむるで耐えつつ積みます。

オニゴーリと比べるとタイプが優秀なので選出率は高かったです。

こちらもオニゴーリと同様にあまり活躍しませんでした。積みから2体持っていくような強さはありません。

 

  • シャンデラ

小さくなるシャンデラです。

ちいさくなるとひかりのこなで回避率を上げますが、回復手段を持たないので普通に落ちます。相手の耐久特化で詰まないように「ちょうはつ」を入れていますが「みがわり」にして「たべのこし」を持たせた方が良いと思いました。

それとダイマックス技は命中率に影響されないのでダイマックスを使われたらそれまでです。今作の回避特化はそもそも成り立たないんですよね。

でもそれを逆手にとって「相手にダイマックスを切らせる」方法としては悪くないです。

 

  • アブリボン

メロメロアブリボンです。

「メロメロを使ってみたかった」という理由だけで入れました。スキルスワップがあるのでミミッキュの上から「ばけのかわ」を盗めたりもします。「ばけのかわ」はスキルスワップで交換できないと教えて頂きました。

最速CSでの一致ムーンフォースは悪くなかったです。タスキがあるので相手の先発アタッカーを持っていけることがちょこちょこありました。

「メロメロ」ですが発動率50%は非常に心もとなかったです。

発動ターンを含めると無傷で相手を倒せる確率は25%以下ですからね。これはやはりこれはダブルバトル用の技ですね。

 

  • ヌケニン

ぼうじんヌケニンです。

「炎、飛、岩、霊、悪」を持たない相手を無力化できます。相手の選出を制御する力が強いのでいるだけで活躍していました。しかしヌケニン自体の選出率は低かったです。

出して上手く活躍する期待より、出して機能しなかったときの不安の方が大きくてなかなか出せません。

相手のダイマックスに交代で出して無力化できたときは嬉しかったです。

無力化できたところで火力が無いので弱いです。ハチマキを持たせるか別の受けポケモンを入れたほうが良いです。

 

 

運ゲーパを使ってみた感想

今回は失敗でした!

まず使っていて全然楽しくなかったです。これが全てですね。

使っていて楽しければ、勝てなくても構成を調整してあれでもないこれでもないと続けて遊べるのですが今回は早々にやめることにしました。

 

「積み」が前提のポケモンばかりなのでテンポが非常に悪かったです。相手も耐久だった場合は「時間切れ」を狙われたりするので嫌でした。

負けたとしても「時間切れ」で勝敗が決まること自体に不満はありませんが、時間がかかることには不満があります。時間切れ判定があるなら今の半分の時間で良いです。

 

運ゲーパを使っておきながらですが、運や時間のかかる要素をもっと減らすように調整して欲しいです。

「怯みや行動不能は連続で起こらないようにする」とか「回復技のPPを上限5回にする」とかそういうのですね。

 

良かった点

運ゲーパ良かった点は「相手にダイマックスを使わせる」ことの重要性に気づいたことですね。

先に相手にダイマックスを使わせて、こちらのエースのダイマックスが残っている状態の優位性はすごいです。

先発で起点を作ってエースを活躍させるよりも、相手に先にダイマックスを使わせる方が強いんじゃないか?と思いました!

 

 

今回は以上です。思ったようにはいきませんでしたが得るものはありました。

次は「可愛い」に重点を置いた「見た目重視」のパーティーを組んでみようかな?と考えています。

今回の構成の改善案やヒントになるようなアドバイスがあればまたコメントで教えて下さいね。

 

この記事へのコメント

  1. 名前:名無しさん 2020/01/28(火) 07:43:28返信する

    眠る持ちはカゴのみを持っていることが多いです。ねむるはやけど毒麻痺を回復できるのでそれがラムでなおってしまうと素眠りになってしまうので。ねむラムではなくねむカゴと呼ばれてます。なにか意味があってラムかもしれませんが参考になれば幸いです。

  2. 名前:名無しさん 2020/01/28(火) 10:24:19返信する

    ばけのかわはヌケニンのふしぎなまもり同様、スキルスワップのようなとくせいを変えるわざの効果を受けないんですよね。

    あと、せっかく運ゲーを狙うならばまひ要員も欲しいですね。みがわりとのシナジーも高いです。

  3. 名前:hyper_T 2020/01/28(火) 16:25:56返信する

    >>1
    ねむるが補助的な型のアタッカーであればラムもありなんでしょうが、今回は私の知識不足による耐久ラムでした!カゴの方がマッチしていますよね。ありがとうございます。
     
    >>2
    ・・・!スキルスワップの部分修正しておきました。情報ありがとうございます。
    シングルなら「ばけのかわ」は盗まれて当然の性能だと思いますが、ダブルで良からぬことが起こったりするための対策ですかね。
     
    今回の中途半端な構成より「麻痺みがわり」に徹底した構成の方が「運ゲー」になっていてしかも強そうですね。
    「対戦のテンポが悪くならずに運ゲーを仕掛けられる構成」でもう一度考え直してみようかな?とちょっとやる気が出ました!

  4. 名前:名無しさん 2020/02/09(日) 12:29:40返信する

    いばみが型のオーロンゲとか麻痺よういんとしてどうでしょうか?いばるで混乱させて麻痺まいて身代わりで攻撃受ける型です。XY の時の化身ボルトロスとかクレッフィみたいな感じです。

  5. 名前:hyper_T 2020/02/09(日) 12:39:34返信する

    >>4
    良いと思います。いたずらごころ+あくタイプで先発での実行力は頼もしいですね!
    クレッフィ・・・ガラル入国管理局には今後も頑張って貰いたいです。

コメントを残す。

メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。URLを含むコメントは承認待ちになります。