天穂のサクナヒメをクリアしたので評価とレビュー

天穂のサクナヒメをクリアしたので評価とレビュー

天穂のサクナヒメをクリアしたので評価とレビューを書いておきます。

 

天穂のサクナヒメ

ジャンル:和風アクションRPG
発売日:2020年11月12日
https://www.marv.jp/special/game/sakuna/

 


 

メタスコア:81

 

私の感想評価レビュー

総合86点

音楽 4.5
グラフィック 4.0
ゲームプレイ 4.5-5.0
ストーリー 4.5
システム 4.0

 

簡易まとめ

育成要素が「本格的な稲作」というひと目でわかる尖ったゲームですが、2Dアクションの方もしっかりしていて楽しいゲームでした!

開発が主要メンバー2名のインディーゲームとは驚きの出来栄えです!

価格もインディー寄りなのか通常版が4980円ですが、内容はそれ以上でした。

 

 

特に良かったのは「育成パートと戦闘パートのバランス」です。

2Dアクションゲームは既に成熟しているジャンルなので、内容でも似たりよったりになりがちです。本格的に作るとなると難易度を上げたりレベルボリュームを増やすことになりがちですが、続けて遊んでいると疲れや飽きが早いです。

でもこの作品は育成パートが「全く異なる3Dの育成シミュレーション」になっていて、しかも時間の要素で半強制的に交互に遊ぶことになるので飽きを感じにくくなっています。

他方を遊ぶことで互いのパートが徐々に強化されていくのも良かったです。

 

 

2Dアクションは難易度が少し高めです。少しでも難しいと感じたら設定で難易度を下げた方がプレイ感も評価も高くなると思います。

羽衣によるワイヤーアクション、敵を吹き飛ばすと他の敵にぶつかって連鎖が起こりダメージが上がっていくシステムはとても良かったです。単純に爽快なのと、上手い人なら華麗なコンボを決めたりできるのも良いです。

稽古場というトレーニングモードが最初から用意されているのも良かったです。

 

 

3Dの育成パート(稲作)はかなり本格的です。何の意味もなさそうな排泄物(肥溜め)ですらプレイヤーが取った食事が影響していると知ったときは驚きました・・・。

農作シミュレーションはたくさんの作物を育てて釣りや狩り、それらのオートメーション化(効率化)が楽しいと思っていましたがこの稲作は真逆です。

「1つの要素に絞り込んで本格的にやらせる」です。

現実の稲作の知識や疑似的な体験を得られたりもするのも良かったです。海外だとあまりウケないかもしれませんが某「鉄◯DASH」が人気のように日本人のウケは良いですね。私も好きなジャンルです。

 

 

ストーリーの方は目的がハッキリしていて分かりやすいです。インディーだとストーリーの部分が特に弱くなりがちですが、演出やテキストも十分以上でした。(期待を遥かに超えていました。)

エンディングの最後の終わり方なんかも好きでした。

あとは「サクナのキャラクターが良い」のが全体の評価にも大きく影響していると思いました。サクナに魅力を感じなければストーリーもそれほどかもしれません。

 

 

プレイ時間

ストーリークリアまでは急いで30時間でした。やり込み要素を含めると50時間ぐらいだと思います。アクションも育成もしっかりしているので「しばりプレイ」が好きな方ならボリューム以上の体験を得られると思います。

 

気に入ったところ

  • サクナ(駄女神、面白い、かわいい)
  • 稲作(奥が深い)
  • 吹き飛ばし連鎖(爽快)

 


 

もう少し詳しく

音楽

突出した神曲みたいなのはありませんでしたが全体的に良曲揃いです。最初のドタバタシーンはゴエモンっぽくて楽しかったです。導入部分として優秀だと改めて関心しました。

拠点のBGMが時間変化で複数あるのが良かったです。秋の夜はしっとり、冬は全体的に暗くなど。

イベントシーンでサラウンドの効果が強い。好みの問題かもしれませんが一人称視点以外だと逆効果な気がします。

 

グラフィック

全体的に必要十分で綺麗です。水や土などの環境の質感も良いです。

キャラデザインが慣れるまで不安。特にサブキャラクターです。(不安という表現は正しくありませんがストレートに書いていないだけです。)

遊んでいるうちに全く気にならなくなります。ストーリーのおかげですね。

テキストが読みにくい。行書体、文字サイズが小さい、吹き出しが動くの三重苦でプレイヤーに要らない負担が掛かります。

私はモニタの近くでプレイしていましたがそれでも足りていないと感じました。Switchの携帯モードも確認しましたが辛いです・・・。

 

ゲームプレイ

羽衣と吹き飛ばし連鎖のおかげで戦闘が楽しい。「武技」という技も多くて色々試すのが楽しいです。

稲作が楽しい。「簡易まとめ」のところで書いたので省略。

探索を隅々まで強制させる部分がある。「探索度を上げよう」ですね。

補助アイテムの狐の面が最初から使えるので苦ではありませんが、次に進みたいときに止められるのはちょっとだけプレイ感が落ちますね。

マップが似たりよったり。このジャンルの宿命ですかね。

トゲや爆弾のような割合ダメージで痛いものが見えないところから飛んでくる。理不尽とまではいきませんが敵と重なって見えにくくなっているところでドカンとやられるのは畜生です。

 

ストーリー

全体的に笑いがあって良かったです。サクナのキャラクターと声も良かったです。

サブキャラクターも序盤は「うーん」という印象でしたがクリアするときにはすっかり「大切な仲間」になっていました。

日本の神話の要素は設定に組み込まれていますがストーリーにはあまり影響していないと思います。

 

システム

グラフィックのところでも書きましたが文字が読みにくい。

たまにフリーズする。でもオートセーブが細かく入るので致命傷にはなりにくいです。

セーブできる数が多い。稲作は試すことが多いのでありがたいです。

 

 

価格・プレイ感・インディーで考えるとこのジャンルの中ではかなり面白かったです!

購入前は大丈夫かなー?と思っていましたが当たりでした。

2Dアクションが好きな人、農業シミュレーションが好きな人には特にオススメできます。

農業シミュレーションとアクションは相反するのでアクションが苦手な人が詰まりそうな気がしますが、稲作に力を入れたらサクナがめちゃくちゃ強くなるので心配ありません。

強くなっていくのが面白いので、むしろアクションが苦手な人の方が楽しめるかも?

 

面白かったので次回作も期待しています!開発を強化して2、3年ぐらいで出てくれたら嬉しいです。

 


 

天穂のサクナヒメ-Switch
マーベラス
NintendoSwitch
2020-11-12
Amazonで詳細を見る

 

この記事へのコメント

  1. 名前:名無しさん 2020/11/20(金) 02:13:29返信する

    声がくぐもって聞こえるんですが、仕様なのでしょうか?
    本体やディスプレイの設定を変えても変わらず…

  2. 名前:hyper_T 2020/11/20(金) 07:07:56返信する

    >>1
    私も開始から2時間ぐらいは凄くそれを感じていました。
    レビューにも書くつもりでいたのですが、改めて録画を見返すと不思議なことに違和感なく聞こえるようになっていました・・・。
    なのでレビューには書いていませんが音がこもるのは仕様だと思います。

  3. 名前:名無しさん 2020/11/20(金) 12:33:18返信する

    >>2
    ありがとうございます
    慣れということでしょうか

  4. 名前:hyper_T 2020/11/20(金) 12:55:56返信する

    >>3
    ですね。何か調整したりはしていません。

  5. 名前:名無しさん 2020/11/20(金) 16:01:58返信する

    やっぱりサクナヒメって結構フリーズするんですね。
    まだ50時間くらいしか遊んでないのにすでに4回くらいフリーズしてて本体の相性とかあるのか、、、?と思ってましたがみんなそうみたいで少し安心?しました。
    まあ確かにオートセーブがメチャ頻繁にあるから致命傷にはなってませんが少し気になりますね。
    hyper_Tさんは駄女神のサクナが好きみたいですが僕はメンヘラ気味方言系裁縫長髪着物女子の結ちゃんがクッソ可愛いのでフリーズも気になりませんでした!(普通にゲームとしても今年やったゲームの中で一番面白いくらい楽しいです。)

  6. 名前:hyper_T 2020/11/20(金) 18:45:16返信する

    >>5
    フリーズ頻度は同じぐらいですね。私は全部夕餉を取った直後に起こっていました。
    ゆいは「かみさまなんか作りすかや?」に癒やされました。ふとしたところでグッと来るものがありますね~。

コメントを残す。

メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。URLを含むコメントは承認待ちになります。