総合 プログラミング 画像動画

小型軽量化された新型「Nintendo Switch Lite」が登場!価格もLiteに!

出るぞ出るぞと言われていた新型Nintendo Switchがついに出てきました。高性能版と携帯専用の廉価版が予想されていましたが、出てきたのは携帯専用モデルでした。

 

Nintendo Switch Lite

発売日:2019年9月20日
価格:19,980円+税
公式サイト:https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/lite/index.html

 


 

Nintendo Switch Liteの特徴

携帯モードのみ、ドック接続(TV出力)なし

まず注目したいのはLiteはドック接続とTV出力機能がないということです。

単純に大画面で出来ないというだけでなく、携帯モードに対応していないソフトは遊べないという点です。

携帯モードに対応していないソフトがそもそも極めて少ないのですが購入前にはしっかりと確認する必要があります。

ソフトのデータベースがあるのでどのぐらいのソフトが対応していないのかまた調べてみますね。

 

 

軽量化と小型化

通常版

  • 重さ:約398g
  • サイズ:縦102mm×横239mm×厚さ13.9mm
  • 画面:6.2インチ、解像度1280×720ピクセル

Lite版

  • 重さ:約275g
  • サイズ:縦91.1mm×横208mm×厚さ13.9mm
  • 画面:5.5インチ画面解像度1280×720ピクセル

重さが約120グラムも軽くなっているのでこの差は大きいですね。比べるとかなりの違いを感じると思います。

画面サイズが若干小さくなってしまっているのは残念ですが実機で比べてみないと分からないですね。大差ないかもしれません。

 

 

1万円も安くなった価格

  • 通常版:29,980円+税
  • Lite版:19,980円+税

正直言ってこれは強いですね!携帯モード専用になりますが1万円引きは待っていた人の背中を大きく押すでしょう。

 

 

SwitchとLiteの違い

機種 Nintendo Switch Nintendo Switch Lite
プレイモード TVモード、テーブルモード、携帯モード 携帯モード専用
遊べるソフト すべてのNintendo Switchソフト 携帯モードに対応した

すべてのNintendo Switchソフト

Joy-Con 1セット付属しています。 付属していません。
HD振動 付属のJoy-Con 本体にHD振動無し
IRカメラ 付属のJoy-Con 本体にモーションIRカメラ無し
TVへの出力 Nintendo Switchドック Nintendo Switchドック非対応
画面サイズ 6.2インチ

画面解像度1280×720ピクセル

5.5インチ

画面解像度1280×720ピクセル

サイズ 縦102mm×横239mm×厚さ13.9mm 縦91.1mm×横208mm×厚さ13.9mm
質量 約398g 約275g
バッテリー時間 約2.5~6.5時間 約3.0~7.0時間

 

 

別売りのJoy-Conには対応

ドックには接続できませんが、コントローラーはJoy-Conが使えるようです。

携帯モードでもHD振動を利用した遊びを体験するにはJoy-Conを使いましょう。

Proコンを含むその他の無線コントローラーについてはまだ不明です。対応していると嬉しいですね。

 

 

カラーは基本3色とポケモンソード・シールド限定モデル

イエロー、グレー、ターコイズの3色。

そして「ポケットモンスター ソード・シールド」の限定モデルも登場します。

ポケモンモデルは11月1日発売です。ソフトのポケモン剣盾は11月15日発売です。

ポケモンモデルは背面に伝説のポケモンが描かれています。詳しくは公式サイトをチェックしてください。

 

 

予約開始日

2019年8月30日から全国で予約が始まります。

通常モデルが発売した2017年は品切れ続出で争奪戦が1年近く続いていましたね。今は落ち着いていて普通に購入できます。

>Liteも争奪戦が起こる?

発売日に購入するには予約が必須だと思いますが、通常版のように長い間品切れが続くようなことはないと思います。

年末のクリスマスシーズンでなければ普通に買えるんじゃないかと思います(実際どれぐらいの方が新型を待っていたのか分からないので言い切れませんが)

 


 

たくさん噂されていた新型がやっと出てきましたね!

私の最初の感想は「1万円値下げは強い!」です。ソフトは既に大作が出揃っているので2万円でSwitchが購入できるのは魅力的です。

残念なところはドックモードに非対応なところですね。私はブログ用も兼ねて常時録画でプレイしていることがほとんどなので、ドックモードがないと辛いです。

1台目としては1万円の差があるので魅力的ですが、2台目としてはアリ?ナシ?

 

この記事へのコメント

  1. 名前:名無しさん 2019/07/10(水) 23:29:20返信する

    レトロアーケードが好きな身としては、十字キーになっているのが何気にポイント高いです!

  2. 名前:名無しさん 2019/07/11(木) 00:06:18返信する

    ゲームボーイから考えるとゼルダのようなゲームが携帯で遊べるなんて今の子供はええのぅ

  3. 名前:名無しさん 2019/07/11(木) 02:40:12返信する

    ドック非対応=USBがないって事で良いのかな?
    対戦ゲームに無線民の波が来るぞ!

  4. 名前:hyper_T 2019/07/11(木) 13:43:42返信する

    >>1
    十字キーもそうでした!おすそ分けプレイのことを考えなくて良いなら十字キーの方が良いですよね。
     
    >>2
    ゼルダ+思い出補正・・・!
     
    >>3
    いやああああああ!自分と相手の回線の状態(質)をゲーム内でハッキリと表示してくれると良いですね。しっかり努力をしている人が損をする環境は良くないです。

  5. 名前:名無しさん 2019/10/19(土) 00:48:29返信する

    案の定スティックの操作性が糞すぎてスマブラやオーバーウォッチをガチでやる人には向いてませんねこれ
    RPGとかならいいでしょうけどアクションは絶対無理

コメントを残す。

メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。URLを含むコメントは承認待ちになります。