ゼノブレイド3 六氏族とは一体誰なのか?

ゼノブレイド3 六氏族とは一体誰なのか?

最初のウロボロスになった「始祖」と呼ばれる7人について判明していることをまとめつつ、その正体について考えたので書いてみます。

ストーリークリア後のネタバレを含むのでまだクリアしていない方は注意してください。

 

六氏族像

 

それぞれに家名が付けられていますが家名だと連想しにくいので見た目で順番に

  1. シュルク像(オーツ家)
  2. 爪マント像(リイド家)
  3. グーラ像(ドイル家)
  4. ノア像(ヴァンダム家)
  5. 無頼漢像(カシィ家)
  6. ヒーラー像(ローディス家)

と呼ぶことにします。

 

六氏族の紋章

左上が1番目のシュルク像、右下が最後のヒーラー像の紋章です。

それぞれの紋章に意味があるのか分かりませんが、ヴァンダム家の子孫であるモニカやゲルニカはこの紋章が入った眼帯をしていましたね。

形からは「」や「」を連想しますが、モチーフになっているのは始祖たちのそれぞれのウロボロスの特徴だったりするんでしょうかね?

 

台座に書かれている説明

オーツ家

オーツ家始祖にしてシティーの解放者。ケヴェスの兵士であった始祖は、他の始祖達の手によって命の火時計から解放され、以後は最初のウロボロスの一人として、シティーの解放に尽力した。機械工学に長けた始祖は、ブレイドで戦う事はなく、自ら製造した武器で戦った。現在シティーを支えている技術体系、その全ての基礎は始祖によって構築されたものである。メビウスとの戦いの後、80の歳で亡くなるまでシティーの再興にその人生の全てを費やしたと伝えられているが、ケヴェスの兵士であった始祖がどのようにしてその歳まで生きられたのかは謎に包まれている。

ケヴェス=XB1の世界の人物であり、機械工学に長けていたと。自分で作った武器で戦ったことと見た目も含めてシュルク像はやはり「シュルク」な気がしますね。

でも時系列を考えると辻褄が合わなくなる可能性があるので、シュルクの子孫という説も。

 

リイド家

リイド家始祖にしてシティーの解放者。本像は始祖が師と仰いだ人物のものであり、これは始祖の師に対する敬愛の念、ひとえにそれ故のものである。師と始祖の間に血縁関係は無かったが、師は始祖を我が子の様に大切に育てたと言われている。師は常に冷静で物静かな人物であったが、一たび戦いに赴き、赤き大剣を振るうその姿は、多くのメビウスを畏怖させた。師は激しいメビウスとの戦いでその右腕を失う事となったが、負傷しても尚、戦いの意思を衰えさせない強い精神力の持ち主であったと言われている。

まず抑えて置かなければいけないポイントはこの像は始祖本人ではないことです。つまりこの6体の中に同一人物の像が複数体ある可能性も考えなければいけません。

爪マント像(師匠像)は常に冷製で物静かな人物、赤い大剣を使っていたと。このことからこの像も「シュルク」なんじゃないか?という考察がありました。

 

メビウスとの戦いで失った右腕は像だと鉤爪のようになっていますが、ノアがラッキーセブンの柄を腕に纏った姿とも似ています。元祖ラッキーセブンの使い手?

 

ドイル家

ドイル家始祖にしてシティーの解放者。その出自は、最初のシティーを建設した者達の直系の子孫である。エヌによってシティーが崩壊してからは行方知れずとなっていたが、後に他の始祖達と出会い、メビウスとの戦いに身を投じた。始祖とヴァンダム家の始祖とは血縁関係にあったと言われており、僅かに残された当時の記録によれば、兄妹であった可能性が高い。兄であるヴァンダム家の始祖と共に戦い、ウロボロスの力を完全なものとする。聡明な人物であり、後のシティーの法体系の多くは、始祖によってその礎が創られた。

ヴァンダム家と血縁関係にあり兄妹であった?グーラ人っぽいのに?

もしかしたらヴァンダム家に養子として迎え入れられた妹なのかもしれませんね。

XB2にいたキャラクターでそれらしい人物は・・・かなり妄想が飛躍してニアの娘ぐらいですかね?

 

ヴァンダム家

ヴァンダム家始祖にしてシティー再興の祖、解放者。かつてこのシティーはメビウス・エヌによって壊滅させられた歴史を持つ。始祖はそれまで限定的であったウロボロスの力を完全な物とし、エヌと戦い、これを退ける。戦いの後、散り散りとなった人々を集め、シティーを再興する。シティー再興後にはドイル家の始祖にシティーの全てを託し、放浪の旅に出立。その後の消息を知る者はいない。ヴァンダムの氏を持ち、始祖の子孫達がシティーへと帰還したのはそれから数百年後の事である。伝承では、始祖は拳を活用した体術を得意としたと言われており、その血脈は今尚、ヴァンダム家に受け継がれている。

この説明から六氏族がいた頃にノアはNになっていたんですね。

 

ミオをメビウスにする条件として焼き払った街が、今のシティーになる前の街。ヴァンダム家の始祖はこのときウロボロスの力でNをやっつけたと。

モニカは六氏族像を「最初のウロボロス」と言っていましたが、時系列をよく考えると不完全な状態のウロボロスはもっと前からいたことが分かりますね。霧の中の回想で見たノアミオを含む者たちがそうです。

 

元ノアは完全か不完全か分かりませんが、既にウロボロスになっておりミオを助けるためにメビウスになりました。

 

カシィ家

カシィ家始祖にしてシティーの解放者。本像はリイド家始祖と同様、始祖が師と仰いだ人物のものである。始祖の師は大きく頑健な体躯を誇り、二振りの大剣を軽々と振るい隻眼の不利をものともせず、メビウスと戦う事が出来たという。無頼漢の様相そのままに、豪放磊落、非常に熱き人物で、苦しいメビウスとの戦いを、精神的にも支えたと伝えられている。また自由の人であったとも言われており、その気質はシティー再興時にはまだ年若かった始祖と、そのカシィの血脈に受け継がれている。

無頼漢像の見た目は「漢」になったレックスっぽさも感じますね。そして2本の大剣を使っていたということから天の聖杯の二刀流が想像できました。

隻眼になった理由はおそらくカムナビと似た感じで支配から逃れるためにほじくったと。

ポイントとしてはあくまで師匠像なので、師匠はカシィ家でもなければ始祖でもないことです。

 

ローディス家

アグヌスの兵士であった始祖は、ケヴェスの兵士であったオーツ家の始祖との死闘の最中に他の始祖達と巡り合い、命の火時計の束縛から解放され、メビウスとの戦いに加わった。兵士ではあったが、非常に柔和で心優しい人物であったと伝えられている。また医療技術にも長け、後のシティーの医術技術の発展に絶大な影響を与えた。シティー再興後、アグヌスの兵士であったにもかかわらず、80の歳を超えても尚存命したと言われており、何故そのような事が出来たのかは謎のままとなっている。

XB2側の人物であることぐらいしか分かりませんね。種族は普通のヒトのようです。

 

七人目(ウロボロス・ストーンの台座)

本台座に飾られている物はごく最初期のウロボロス・ストーンのケージであるが、ここには本来、七人目の始祖の像が建てられる予定であったと伝えられている。七人目の始祖、その正体に関する伝承はほとんど残されておらず、これは単なる記録の紛失ではなく七人目の始祖の意思によるものであった可能性が、多くの歴史研究者によって示唆されている。

7人目はNになる直前のノアなんじゃないかな?と予想していますが、だとするとミオは始祖に含まれなかったのか?というのが腑に落ちません。

 

 

六氏族に関係する人物

取りこぼしがあると思いますがとりあえずこれだけ見つけました。

 

オーツ家 ヒラチ、ミネ、シノ、カキツバタ
リイド家 シャナイア、テイタニア
ドイル家 ジュリエッタ、ギャレット
ヴァンダム家 ゲルニカ、モニカ、ゴンドウ
カシィ家
ローディス家

 

カシィとローディスの関係者が全然見つからない・・・。既に途切れてしまったとは考えにくいので補完をコメントで募集しましょう。

 

六氏族の所属勢力

オーツ家 ケヴェス ケヴェスの兵士と台座に書かれている
リイド家 ケヴェス シャナイアが右目なので
ドイル家 ケヴェス ジュリエッタが右目なので
ヴァンダム家 アグヌス ゲルニカ、モニカが左目なので
カシィ家 アグヌス 消去法
ローディス家 アグヌス アグヌスの兵士と台座に書かれている

 

勢力=元の世界という重要な事実があるのでこれはハッキリとさせたいところですがハッキリとしているのは台座に書かれているオーツとローディスです。

あとは子孫がどちらの目にウロボロスの環が入っているか?で判断しました。

それで合っていると思っていました。

 

が!矛盾する人物を見つけてしまいました!

 

オーツ家の紋章を付けた「カキツバタ」が左目に眼帯をしています。

左目はアグヌスなのに・・・これはミス?

ミスでないとするならカキツバタの出自に関して、クエストで語られていそうですが既にシティーのキズナが★5になっているんですよね~。何か知っている方はコメントで補足をお願いします。

それとジュリエッタが右目なのも不思議なんですよね。ジュリエッタのドイル家はグーラ像なのでXB2=アグヌスのはずです。考えられる可能性は六氏族同士で結ばれたものがいた・・・?

 

 

六氏族の正体(考察)

家名 像なし 勢力 像の人物
オーツ家 シュルク像 ケヴェス シュルク
リイド家 爪マント像 ケヴェス シュルク
ドイル家 グーラ像 ケヴェス
ヴァンダム家 ノア像 アグヌス
カシィ家 無頼漢像 アグヌス レックス
ローディス家 ヒーラー像 アグヌス
7人目 像なし ケヴェス ノア

 

全て既存のキャラクターであるという前提で強引に埋めようとしましたが、ガバガバです。当たっていそうなのはカシィ家のレックス像ぐらいですね。

師匠像なのでレックスを師とした始祖は誰なのか?と言われると新規のキャラクターだと思います。

ヒーラー像みたいなキャラはこれまで登場してないですし、パーティーの主要6人は全員新規キャラクターの線もあり得ると思います。

そうなるとシュルク像もシュルク本人ではなく、子孫である可能性も・・・。

 

赤き大剣を振るうという説明からリイドの師匠像もシュルクとしましたが、横から像を見ると髪がロングヘアーなんですよね。流石にこの長さのシュルクは想像しにくいので、胸はありませんがもしかしたら女性だったり?

 

ということで以上です。情報を整理してみたのの予想は当たる気がしませんね!

皆さんの予想や予想に使えそうなヒントがあればまたコメントからお願いしますね。

 

この記事へのコメント

  1. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 09:39:53返信する

    七人目はヒーロー枠つまり特定の誰かというわけではない説をおすも

  2. 名前:hyper_T 2022/09/04(日) 09:55:03返信する

    >>1
    最後まで明かされないのはありそうですも。
    七人目はプレイヤーの君だ!的なのは無いことを祈るも。

  3. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 10:04:34返信する

    作中の時代では混血が進んでるだろうからどっちの目に”瞳”が現れるかはランダムなのかも?

  4. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 10:16:43返信する

    ドイル家のグーラ像は、外ハネの髪型や雰囲気がニアの初期デザイン(アルスト・レコードP49)に似ているような気がしますも。……と思ったけど、元々グーラ人は外ハネが多い種族みたいですも。わからなくなっちゃいましたも……

  5. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 10:58:25返信する

    ローディス家ですが銅像の胸元に四角いものがみられます。
    装飾である可能性もありますが、ケヴェスでこの位置付いているのであればコアクリスタルだと決め打ちしてよいでしょう(ブレイドっぽい要素を含むヒーローでも確認できない人が多かったりしますが…)。
    そんなコアの形ですが、ブレイドの多くは形こそ様々でも縦長の長方形はそう多くありません(候補は左右の突起がない以外は近い本命、欠けがあるサイカ、先が尖っているメイ辺りでしょうか?)。

    それ以外の要素で見るなら髪型です。特徴的な前髪とサイドに、どこぞのサルベージャーが好きなポニーテール。

    以上の特徴から推察するに、この像は天の聖杯本人もしくはその子孫に関連する何かである可能性が高いと睨んでいます。
    彼女と言えばな豊満なアレも、こういった服ならそこまで強調されません。銅像にする際に控えめにされた可能性もありますね(それにしても控えめにしすぎだも…)。
    勿論全く新しいキャラである可能性は大いにありますが…。

    • 名前:hyper_T 2022/09/04(日) 13:14:21返信する

      いつも下から覗いていたので気づきませんでしたが上のアングルからおっ胸を拝見したところ、たしかにコレがコアクリスタルだとするならプネウマっぽさも感じますね。

  6. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 11:03:45返信する

    >>5
    ケヴェスじゃなくてアグヌスだったも…。

  7. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 11:09:46返信する

    ドイル家始祖はミオに似ていてヴァンダム家始祖はノアに似ている。そして両始祖は兄妹説がある。養子でなく実の兄妹だとしたら両始祖の先祖が過去のノアミオって考えるのはどうですかね。

    ドイル家は最初のシティを興した人達の子孫とのことなので、過去回想でノアミオの間に産まれた子がまさにシティの元を作ったと。

    • 名前:hyper_T 2022/09/04(日) 13:18:34返信する

      遺伝的に二人に似た兄妹が生まれてもおかしくないと・・・面白いですね!

  8. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 11:42:15返信する

    7人目はノポンの可能性も無いのかな?

    世界に不干渉なのにウロボロスに協力したから
    存在を消した説はどうなんでしょうか?

    • 名前:hyper_T 2022/09/04(日) 13:20:46返信する

      リクまたはリクの師匠が7人目だったら驚きと笑いがありそうです。

  9. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 11:50:26返信する

    ギャレットとジュリエッタは眼帯が左右で違ってたから、親子でもどちらの眼に印が現れるのかは分からないのかもしれないですも。勘違いだったらごめんなさいも

    • 名前:hyper_T 2022/09/04(日) 13:27:06返信する

      一貫性がないので特別な理由がないのであればランダム説が濃いですね。

  10. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 11:51:12返信する

    赤い大剣を振るった隻腕はダンバンさんを創造しました

    • 名前:hyper_T 2022/09/04(日) 13:29:44返信する

      説明を読む限りではダンバンさんもしっくり来ますね!でも像からはワイルドさを感じないので見た目でどうかなーとも思っていました。個人的には出てくれたら嬉しいです。

  11. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 12:01:29返信する

    リイド家の像はXBシリーズの誰かをモチーフとするならダンバンさんのような気もする
    元々モナド使ってたのはダンバンさんだし、資格無いのに使ってたから腕をやられてたし

    • 名前:hyper_T 2022/09/04(日) 13:31:34返信する

      >資格無いのに使ってたから腕をやられてたし
      おっと、事実だとしてもダンバンさんの前で言ってはいけませんよ~

  12. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 12:46:01返信する

    ドイル家とヴァンダム家は回想にあったノアとミオの子供の子供(つまりノア達の孫)説があってなるほどなとなったも
    それならノアに似てるのも兄弟なのに勢力が違うのも説明できますも
    あとヴァンダム家の開祖は見た目も武器が拳なのもゼノギアスのフェイのオマージュしてるし他のキャラもモノリス過去作のオマージュキャラいるんじゃないかと思ってるけどよくわからないも!

    • 名前:hyper_T 2022/09/04(日) 13:32:59返信する

      見た瞬間「フェイ!」でしたがゼノギアスは流石に・・・?

  13. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 12:48:21返信する

    今更気づいたんですけどシャナイアってiaの名を冠する者だったんですね…

    • 名前:hyper_T 2022/09/04(日) 13:35:00返信する

      二人とはまた違ったバッドエンドですがiaの名の力凄まじいも。

  14. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 12:49:52返信する

    7人目はニア説がしっくりきますも

  15. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 13:06:54返信する

    7人目は姿が分かりませんが、代わりに置かれているウロボロスストーンの形がノポンのシルエットに見える気がしてきましたも…

  16. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 13:16:12返信する

    脚本の人そこまで考えてないと思うよ(暴論
    右眼左眼も絶対じゃないですし
    過去のノアミオが子作り出来たように混血化したら、どっち目になるか分かったもんじゃないしね!
    そもそも生殖機能残ってるんかとすら思ったしィー

    おいらの考察によると、始祖は、性獣と化した大人レックスの子孫ですも!間違いないですも!

    • 名前:hyper_T 2022/09/04(日) 15:41:49返信する

      >性獣と化した大人レックス
      笑ったも。でもホムラとヒカリが相手ではどうしようもなかったと思うも。

  17. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 13:21:55返信する

    記事作成お疲れさまですも。
    憶測になりますが、眼帯の違いについては血の濃さによるものなのかなという気がします。
    シティの人達はある程度の自由恋愛が許されているようなので、ケヴェスとアグヌスの混血が進んでいると推察できます。
    厳密に血統が管理されていれば『瞳』が出現する眼も固定されるかもしれませんが、そうでないのであればより強く遺伝した方をベースに左右も決定されるのではないでしょうか。
    グーラ人要素があるドイル家始祖がケヴェスと考えられるのも混血の影響とも受け取れます。

  18. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 13:23:12返信する

    プレイ中はなにも考えずに感覚で
    リイド家はダンバンさんかなと思いました。
    ヴァンダム家は拳を活用した〜というのが全くあっていないけど、レックスが後にヴァンダムという姓を受け継いだのかなと考えていました。
    カシィ家は二刀流、隻眼というところがジークとメレフの伝承が混ざって伝わったのかなと妄想していました。

  19. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 13:27:07返信する

    七人目はウロボロスストーンの起動者じゃないですかも?
    今回のノア達で言うと、ゲルニカが起動した際も六人と同じように幽体離脱してましたし可能性ありそうですも。

  20. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 14:21:24返信する

    ゼノシリーズまで広げると色々考えられるので、融合した世界は2つだけじゃなくて実はもっといろいろな世界が衝突してアイオニオンになった説

  21. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 14:21:46返信する

    想像でしかありませんが出自が1と2の人同士が子供を産んだ場合
    両目に発言することはないのでどちらが遺伝するか次第で変わるのではないでしょうか
    それは六氏族の血脈に限った話ではないでしょうし六氏族同士で結ばれるのが条件というわけでもなさそうです
    家柄での距離感はありますが右目と左目での派閥はなさそうなんでありえることかと

  22. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 15:11:03返信する

    メリアの紋章がどんな感じだったか思い出せない…

  23. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 15:47:53返信する

    一部を除いてデータを再生している世界のようですので本人はいないのでは。

  24. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 15:50:18返信する

    時系列あるんですかね
    アイオニオンが誕生した段階で、1と2の世界の時間は止まってるから、アイオニオンに来てない限りは1も2のメンバーもそれぞれの世界で生きてる気はするんですよね
    (勿論、それぞれの世界で亡くなっていればその限りではないですが)
    メリアちゃんやニアが長命な種族とは言え、アイオニオンに来てから外見が変わった様子はないですし(少なくともニアちゃんはMが誕生するまでの時間をアイオニオンで過ごしてる)、時の流れ方が違うとも考えられますよね

  25. 名前:hyper_T 2022/09/04(日) 16:09:49返信する

    >>17
    >>21
    ジュリエッタを勘当したギャレットを見てもしかして六氏族間には何らかの掟のようなものがあるのでは?とも考えたんですけどね。ただの頑固おやじでしたか。
      
    >>18
    どちらも男らしいキャラですからね。無頼漢な像のイメージにピッタリです。
     
    >>19
    そう言えばヴァンダムさんがモワンと幽体離脱したのはあれ大丈夫だったんでしょうかね?ウロボロス・ストーンが空気を読んで上手い組み合わせになっていますが、ランツxヴァンダムさんとかいうイカつい組み合わせもあり得た?
     
    >>20
    他の世界となるとギアスとサーガの2つですね、ふんふん。

  26. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 16:22:05返信する

    ここまで見て思ったのは
    そもそも「瞳」ってなんぞやってことです

    右に現れるから、左に現れるから、
    アグヌスだ、ケヴェスだと言っていますが、
    あれだけの便利アイテムなのに作中一切説明がなかった気が…
    なんで遺伝するんですかね?
    なんでケヴェスとアグヌスで情報や物のやり取りが出来るのでしょう

    アイオニオンの常識として受け入れていましたが
    よく分からなくなってあした

  27. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 16:30:26返信する

    ヒーラー像は最初は分からなかったけど横から見るとポニテなのに気づいてからはプネウマにしか見えなくなった
    七人目は今ある情報だけで挙げるとキャプテンとか?
    巡り巡ってシティの住人として認められたのはなかなか胸を打つかもしれない

  28. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 16:39:50返信する

    7人目はノポンだったりしてw

  29. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 16:54:40返信する

    自分もリイド家はダンバンさんかと思いましたが、「物静かな人物」の部分が一致しませんね…
    (というか主要キャラ全員うるさい)

  30. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 17:11:21返信する

    ウロボロスの場合パートナーは基本アグヌスとケヴェスになるため初手から混血している可能性が高く、シティーの人々はウロボロスの子孫という時点で、家柄とか関係なく右目に出るか左目に出るかは人によるとしか言えないと思われます。初手で混血していないにしても6人から始まるため絶対数が少なく、途中で混血が起こる方が自然です。

  31. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 17:13:48返信する

    長文失礼します。

    始祖関連の話についてはDLCの追加ストーリーで語られる可能性があることを考えると、始祖達は1と2と3の世界の要素が合わさったファンサービス重視な人選になっている気がしますも。
    記事や他の方のコメントと一部重複しますが、妄想モリモリで以下のように解釈してますも。

    ・オーツ家
    シュルクとの関連性が考えられますが、ケヴェスの兵士とのことで『ゆりかご』から誕生したシュルクの再生体なのかなと。
    オーツ家始祖がシティの技術体系を築いた事を考えると、メリアが覚醒クエストでシティーの風景を懐かしいと発言した点も根拠になりそうです。
    ただ、再生体という事は元の世界でシュルクが存命中ということになり、メリアの覚醒クエストの最後に仲間が全員亡くなっていることを匂わせる描写があるためやや矛盾はあります。

    ・リイド家
    像になってる師の推察となりますが、『シュルクとフィオルンの子供(子孫)』ではないかなと。
    赤き大剣を振るった→シュルク、右手の負傷→ダンバンのイメージがありますが、失った身体(右手)を機械化→フィオルンも思い浮かびました。
    シュルクとフィオルンの子孫の場合、フィオルン要素を加えるのが難しそうなので、苦肉の策で右手の機械化で暗示したのではないのかなと。
    仮にシュルクとフィオルンの血に連なるならダンバン(兄)と共通点があるのも頷けます。
    また、武器の生成能力は『瞳』に依存している感じがあり、師はウロボロスの血に連ならない→赤き大剣は自前のものと解釈すると、やはりモナドR・EX改な気がします。

    ・ドイル家
    ムービーでミオと似ていると説明されているので血縁関係が考えられ、説明文で最初のシティーの建設者の直系の子孫であることが強調されているため、その人物とミオに何らかの関連性がありそうです。
    妄想になりますが、この建設者がアイオニオン誕生後に生き残っていたオリジナルのミオなのでは?
    兄(ヴァンダム家始祖)ではなく妹の方に“直系”とあるのが引っ掛かってましたが、グーラ人要素が強い方を跡継ぎにしていった結果、ミオに似た特徴が残り続けた?

    ・ヴァンダム家
    ドイル家始祖と血縁関係がある兄妹なので同じルーツであり、ノアに似ているという点から、前述のオリジナルミオのパートナーがやはりオリジナルノア?
    前述の妄想踏まえるとノアの血は薄まってそうなので、回想に出てきたノアとミオの息子?が直近の家系図に入っている可能性が考えられそうです。
    容姿的にはノアですが、腕っ節が強い、現在当主のモニカの声がカルナと同じ&ロールがタンクという点で、ラインとカルナの血が混じっているような気がしなくもないです。

    ・カシィ家
    リイド家同様師の推察となりますが、EDの例の写真のシーンのニアの様子からレックスは元の世界で存命中と仮定して、師は世界融合後に生き残ったレックス本人ではないかなと。
    アイオニオン誕生から下手したら人の寿命以上に長い時間が経過してそうですが、仮にレックスであればゼットを倒すために止むに止まれず長寿化して戦い続ける気もします。
    ホムラorヒカリによるコアの分与、ブレイドイーター化、ニアの再生能力、(嘘っぽいですが)マルベーニのマスタードライバーは長寿化する発言等、何とかなりそうな感じはありますね。
    二振りの大剣についても天の聖杯の剣であれば基本的には同調者のレックス本人でないと扱えない筈なので裏付けになりそうです。

    ・ローディス家
    最も判断材料に乏しいですが、他の方のコメントにあるように胸の長方形のコア、ポニテ、柔和で心優しいという点からプネウマを彷彿とします。
    アグヌスの兵士なので『ゆりかご』による再生体、コアの形が違うという点でホムラorヒカリのオリジナルではなさそう。
    可能性としては例の写真のホムラorヒカリに生まれた子供の再生体。性格的にはホムラとの間に生まれた娘の再生体で、あのコアの形がそのまま遺伝すると世界観的にちょっとややこしくなるため長方形で遺伝した?
    家紋についてはこの記事で初めて認識しましたが、剣のような形をしているためプネウマの第三の剣っぽい感じもします。

    以上、オーツとリイドが1、ドイルとヴァンダムが3、カシィとローディスが2に関連する人物とすると、まとまりが良い感じがあります。
    仮にDLCでストーリーが展開される場合、本編同様にヒーローシステムが採用されると7人目を断定できなくなるので、そういった都合もあって不明扱いなのかなという気がします。

    長文失礼しました。

  32. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 17:34:42返信する

    それよりヴァンダム家は2のヴァンダムさんの子孫じゃないの?
    ゲルニカさんは似てるし
    ニアがお世話になった的な事言ってたし

  33. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 19:24:07返信する

    ヴァンダムさんがヴァンダムさんだしシキもシキだし
    その時生きていなくても過去の世界記憶参照とかありえそう

  34. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 19:48:07返信する

    カシィ家の大きく頑健な体躯、無頼漢、豪放磊落、自由な人ってジークしか思い浮かばない

  35. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 21:53:44返信する

    >>33
    個人的な解釈ですが、アイオニオンが誕生した時点で魂の情報みたいな物が引き継がれたんじゃないのかとなと思ってます
    その情報を元にアイオニオンで命が誕生して、だから1と2の世界の存在と酷似しているのではと
    (元々のオリジンは箱船のような物らしいですし、種の保存計画みたいなものかな)
    ヴァンダムさんに似ているのはメタ的にはヴァンダムさんだからなんでしょうが、トラやニア達の思い出や記憶みたいなものが左右したとか
    だったら素敵ですね、理屈にはなりませんが!

  36. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 22:12:51返信する

    オリーブさんが六氏族のどこかの子ってシティーで聞きました

  37. 名前:名無しさん 2022/09/04(日) 23:51:35返信する

    シティーに一般的な人間しかおらずノアとミオの子にミオ側の特徴がないことを考えると、ドイル家の像は見た目か説明が間違っている気がするので
    ノアとミオに似ていると作中で触れますし、ドイルとヴァンダムが2人の子孫で像はノアとミオ本人だったりしないかなと思います

  38. 名前:名無しさん 2022/09/05(月) 02:00:52返信する

    「教えねえよ!」のまま教えてくれなかったソーカントクですも
    謎は謎のまま残されるかもしてない可能性にあまあまういんな賭けますも

  39. 名前:名無しさん 2022/09/05(月) 02:39:41返信する

    始祖の師という設定の役割のひとつに、「完全なウロボロスではない事を明示し、メビウスに勝てなくても仕方ないと思わせること」があると思うのですが、どうでしょうか?
    こう考えると、始祖の師→メビウスに負けてほしくないキャラ→過去作キャラ本人というふうに推理できる気がします。

  40. 名前:名無しさん 2022/09/05(月) 05:02:00返信する

    DLCパッケージのノアの剣が赤い鞘なので後日談の可能性が濃厚ですが…
    (エヌは最初から一貫して紫鞘と紫炎に加え∞エンブレム。エヌの後悔から生まれたノアは赤鞘)

    コロニーオメガでノアの剣がミヤビの記憶を呼び戻す描写があったので、
    ストーリーラストでアイオニオンの海に投げ込まれたノアの剣が何等かの力で、オリジンの中に蓄積された記憶情報を再生した世界に解き放ち、過去作主人公らからアイオニオンの過去について少し語られる程度でいいかなと思っています。
    ゼノブレイド3とそのDLCでクラウスの世界に関する物語は終結ということなので、消化不良のエンディングの先はやはり補完する必要ありかな、と。

  41. 名前:名無しさん 2022/09/05(月) 06:57:53返信する

    六氏族像の人物は全員死んでるはずなので、七人目はまだ存命だと妄想してますも!

  42. 名前:名無しさん 2022/09/05(月) 08:58:58返信する

    この記事を拝読して何となくですけどDLCの予想(妄想)が思い浮かびましたも
    恐らく六氏族編という過去エピソードと見せかけたゼノブレシリーズオールスターをやるつもりなんじゃないでしょうか
    ヴァンダム家ドイル家はノアとミオ、オーツ家はシュルク、残りの三家も過去作キャラのそっくりさん、そしてヒーロー枠に師匠2人と7人目(+αで他にもいるかも)といった感じのメンバーで、シティーの再建とか終の剣の成り立ちや執政官A等の残されている謎を消化するんじゃないかなと

  43. 名前:名無しさん 2022/09/05(月) 09:57:23返信する

    カシィ家始祖の師はジークなんじゃないかなと最初思いました
    始祖の師は大きく頑健な体躯を誇り、豪放磊落、非常に熱き人物、自由の人などの記述からです
    また隻眼の不利はあの眼帯のせいかと
    年齢的にレックス始祖でジークが始祖の師みたいに周りから思われてたとか

  44. 名前:名無しさん 2022/09/05(月) 10:11:50返信する

    思いついたことを適当に書いていくも!

    ○オーツ家
     ・家紋がノポン(の腕?)に見えなくもない

    ○ヴァンダム家
     ・「髪型」と「拳を活用した体術」の二つからキャプテントライデンに見えなくもない
     ・相当無理をすれば、家紋の中心部分が船のイカリに見えなくもない

    ○ローディス家
     ・おくりびとの服に似ている
     ・唯一、解放者の記述がない(そもそもシティーの解放者ってどういう意味だも??)

    以上も!!

  45. 名前:名無しさん 2022/09/05(月) 10:32:19返信する

    正直言ってこの人達は同じ任天堂で言うなら
    FEの12聖戦士とかと同様単なる「この世界には昔こういうすごい人達がいた」という背景設定の域を出てないのでそこまで深く考えられている様には思えないんですよねぇ
    そもそも本編の子孫がヴァンダム姓以外ほぼモブ(リィドもほぼ脇)だし

  46. 名前:名無しさん 2022/09/05(月) 12:08:22返信する

    >>44
    オーツの紋章はどっちかというとハイエンターの羽に見えますも
    人によって見え方違ってフシギだも!

  47. 名前:名無しさん 2022/09/05(月) 12:09:28返信する

    ウロボロス7人目はNとMの間に産まれた子だと考えていました。10年で亡くなった彼らの意思を継ぎシティーを興しましたが、そのシティーを愛する人との永遠を選んだNによって破壊された…
    Mが「萌した希望を閉ざしてしまう」と言っていたのは、自身の子がようやく興した街を破壊しなければならないから。自分たちの望んだ世界を自分らのエゴのために破壊しなければならなかった、究極的な選べない選択というのはこういうことだったのでは…と考えてます

  48. 名前:名無しさん 2022/09/05(月) 19:15:50返信する

    ウロボロスの子孫は再生されないけど、ノアとミオの例から最初のウロボロスは再生されてるから始祖にあたる人は今もケヴェスかアグヌスのどこかで再生されてるんじゃ?

  49. 名前:名無しさん 2022/09/05(月) 20:22:13返信する

    >>48
    ノアとミオは成人して尚も再生されるイレギュラーですも
    だからゼットも目を付けたんですも

  50. 名前:名無しさん 2022/09/05(月) 22:04:07返信する

    >>49
    周りが赤い粒子を流してゼットに倒されるシーンでノアミオだけ違う粒子が出てるよね。
    何か特別な存在ではありそう。

  51. 名前:ゼノチワワ 2022/09/05(月) 22:34:47返信する

    六体の象は過去作品をやってるプレイヤーへのファンサービスという可能性は?

    ゼノギアス、ゼノサーガ、ゼノブレイド、ゼノブレイドクロス、ゼノブレイド2、ゼノブレイド3の六作品のキャラのからこいつはアイツに似てるなとか思わせる感じの
    シュルクみたいな象とかフェイみたいな象とか

    七体目が作られなかったのは、作る予定はあるけどまだゼノブレイド4が作られて無いからって事で

    で、人物の特徴は過去作品の色んなキャラの特徴ごちゃ混ぜとか、例えば

    常に冷静で物静かな人物であったが、一たび戦いに赴き赤き大剣を振るうその姿は(シュルク)
    多くのメビウスを畏怖させた。師は激しいメビウスとの戦いでその右腕を失う事となったが(ダンバン)
    負傷しても尚、戦いの意思を衰えさせない強い精神力の持ち主であった(肉体機械化されて戦い続けたフィオルン)
    →先に書いてる人もいるけど、シュルクやダンバンやフィオルンのキャラ設定をにおわせる解説

    始祖の師は大きく頑健な体躯を誇り(リコ)
    二振りの大剣を軽々と振るい、隻眼の不利をものともせず、メビウスと戦う事が出来たという。無頼漢の様相そのままに、豪放磊落、非常に熱き人物で、苦しいメビウスとの戦いを、精神的にも支えたと伝えられている。また自由の人であったとも言われており(剣ではなくムチだけどバルトのイメージ)
    その気質はシティー再興時にはまだ年若かった始祖と、そのカシィの血脈に受け継がれている

    まあ、ゼノブレイド以降は動画で見ただけだったりこういう解説サイトで見ただけの知識しかないからキャラもよく知らんが

  52. 名前:疲ぃ 2022/09/06(火) 16:25:52返信する

    オーツとヴァンダム、ローディスとドイルはそれぞれ逸話が入れ替わって伝えられたんじゃないでしょうか?
    だからオーツとローディスは80歳まで生きられたんです。最初からシティーの生まれだったから。
    ヴァンダムとドイルならそれぞれ戦前戦後に空白期間があるので享年もうやむやにできます。
    そもそもヴァンダム=ノアだったならラッキーセブンを使わず拳闘で戦っていたというのがまずおかしい。というかノアはゆりかごから生まれてくるのでシティーの血筋のはずがないです。

  53. 名前:名無しさん 2022/09/07(水) 00:55:29返信する

    クエスト「コロニー15の兵士達」にてオーツ家のシノも左目に眼帯しているのを確認しました。

  54. 名前:名無しさん 2022/09/07(水) 08:03:50返信する

    トライデン トラ遺伝と読むと ちょっとあれ
    それはともかくヴァンダム像=トライデンはありそう
    ポニー、オールバック、拳闘系で出奔して彷徨ってる感
    顔だちもそこそこ似ている
    ただ、ローディスの紋章、トライデンのスカーフっぽく見える?

  55. 名前:hyper_T 2022/09/07(水) 13:02:27返信する

    >>53
    情報ありがとうございます。シノとカキツバタが同じということは統一されている可能性もあって?台座の説明が誤りの可能性も?

  56. 名前:限界武器 2022/09/07(水) 21:44:22返信する

    六氏族との関係が示されている人物・紋章入りの眼帯をしている人物をまとめてみました。確認漏れもあると思うので参考程度に。眼帯姿が確認できた者はカッコ内に眼帯をどちらの目につけていたかを記しています。

    オーツ家
    ミネ、ヒラチ(左)、シノ(左)、カキツバタ(左)、オリーブ(右)、ニシキ(左)、ロメロ(右)

    リイド家
    シャナイア(右)、テイタニア

    ドイル家
    ギャレット(左)、ジュリエッタ(右)、ヤルミル(右)

    ヴァンダム家
    ゲルニカ(左)、モニカ(左)、ゴンドウ(左)、ジャンセン(右)、キサメ(左)、ロザーナ(右)、アギョウ(右)、ウンギョウ(左)、ミズキ(右)

    カシィ家
    シマ(左)、ミヨリ(左)、フミヅキ(左)

    ローディス家
    クライト(右)

    また、ユウ・ズオ・ヒワの遺品の中に、ヴァンダム家の紋章入りの眼帯(恐らく左目用)がありました。1話ムービーでユウは無印の眼帯(左)をしていたので、ズオまたはヒワのものだと思われます。
    名前のないモブの中にも紋章入りの眼帯をしている人は多くいますが、リイド家の眼帯をしている人物は見つけることができませんでした。ただの確認不足かもしれませんが。

    以下、気になったことを書いておきます。
    クエスト「ロメロとジュリエッタ」では右目の「瞳」を使い右目にオーツ家の眼帯をつけていたロメロですが、クエスト「ジュリエッタとロメロ」では左目に無印の眼帯をつけています。また、後者のクエストではギャレットの眼帯姿が確認できますが、無印のものを身に着けており不自然な気がします。

  57. 名前:hyper_T 2022/09/08(木) 08:50:38返信する

    >>56
    情報ありがとうございます。眼帯の位置や模様がころころ変わることに意味がないのだとしたらふんごふんごも!ですが、意味があるのだとしたらやはりギャレットが勘当したことに理由が隠されていそうですね。混血がよろしくない特別な理由が?

  58. 名前:名無しさん 2022/09/11(日) 00:01:38返信する

    開発者のインタビューで「インタリンクはゼノギアスの頃からやりたかったアイデア」という発言もあったので、
    ゼノギアスのキャラクターも六氏族の一人になっている可能性もあります。
    「ノアに似てないか?」の画像の人物はゼノギアスのフェイにそっくりです。

  59. 名前:名無しさん 2022/09/11(日) 01:20:49返信する

    七人目の始祖はノポンではないかと思います
    「七人のノポン」クエストで出てきたタテゾーノポンが「人とノポンが関わるのは良くない」的なことを言っていたので、銅像の話も固辞したのかも。

    また、リクは最初からN=ノアと知っていてラッキーセブンを渡したのだと思います。
    ランツがリクに「ラッキーセブンみたいな武器が欲しい」と匂わせた時に、
    リクは「あれは、そんなんじゃないも」と返しています。

    これはラッキーセブンがただ強い武器ではなくて、ノアとNを引き合わせるための武器だったからでは?と思いました。

    もしかすると、リクは七人目の始祖本人なのかもしれません。

  60. 名前:名無しさん 2022/09/13(火) 22:02:57返信する

    7人目がレックスなんじゃないかなぁ?なんて思ったりもします。
    XC2のレックス自身が誰でもない誰かが意志を継いでゆくことを説いて
    シンを打ち負かしていたシーンを思い出して
    あえて偶像化を望まなかった、みたいな事を想像したりしました。

  61. 名前:名無しさん 2022/09/14(水) 01:09:45返信する

    個人的には、リイド家はノアの家系なんじゃないか、とか思ったりもしてます。
    まずは像の師はシュルクやクラウスに似ている=クリスにも似ています。
    作中でノアの師として登場するのは、クリスのみ。
    2人には昔から何かしらの縁があったのかなぁなんて。
    クリスとの戦いの際、クリスがノアに対して何かしら特別な思いがあった描写もありました。
    裏切りの家系という点でも…
    そして執政官クリスのブレイドは大剣のような物でした。
    あとは蛇足な意見ではありますが、シャナイア、テイタニア、ノア…
    名前の語尾にアがつくとか?

  62. 名前:名無しさん 2022/09/15(木) 07:47:53返信する

    名前の語尾にア・・・・・・・・・ニア?

  63. 名前:名無しさん 2022/09/25(日) 01:50:57返信する

    はじめまして。
    ドイル家とヴァンダム家が兄妹というのがひっかかっています。しかもドイル家はグーラ人で、ヴァンダム家はノアにかなり似ている。つまり普通の人間の種族と思われます。
    そしてヴァンダムといえば、本来一人息子さんが死別していて、息子のように可愛がったレックスが傭兵団を率いている…。
    もしやと思いますが、ドイル家とヴァンダム家はニアとホムラかヒカリの「腹違いの兄妹」とは考えられませんか?
    子供達世代とはいえ全く容姿は似ていませんし、戦い方や性格などは全くしっくりこないのですが。
    ただ、そうであれば、わざわざ同時期の子供を写真に見せた意味もあるのか…また、あまりにも何度も強くミオとノアが惹かれ合うのも納得もしてしまいます。そしてレックスであれば、ヴァンダムの姓を継いでも(名乗っても)おかしくないのかと。見過ごしの既出でしたら申し訳ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。URLを含むコメントは承認待ちになります。