ゼノブレイドDE 二重抜刀と無限バフについて

ゼノブレイドDE 二重抜刀と無限バフについて

何やら聞いたことのない単語で、新しいテクニックが見つかったかのようなタイトルですが大したことはないです。現時点では使い道のない仕様ですがまとめておきます。

 

何故かテンションが上がる謎の挙動

まずはこちらの動画を↓

動画ではただ抜刀→納刀、抜刀→納刀と2回繰り返しているだけです。

注目して欲しいのは3人のテンションです。

 

1回目の抜刀では全員がテンション「普通」の状態です。

テンションの値は1-200の範囲になっています。

 

そしてこれが2回目の抜刀です。カルナとメリアがテンション「高い」になっています!

値は201-250です。操作キャラのリキは1-200です。

 

>あれ?何がおかしいの?

と思われた方はバトルシステムをよく理解されています。

テンションは抜刀キズナ(ボタンチャレンジ)を成功させると+50、ジャストタイミングだと+100なので、2回目だけジャストタイミングになってたんでしょ?と。

 

>たしかにおかしい・・・。

と思われた方はバトルシステムを理解しつつ動画もよく見ていますね!

 

そうです。動画では2回ともジャストタイミングではないんですよね。

テンションの仕様については以前に調べ上げてすべて分かっているつもりだったので、この挙動を見たときは私もビックリしました!

 

計算ミスかと思い構成を全て改めましたがミスはなく、カルナとメリアのテンションが上がるのはおかしかったので新発見かも!と思い私のテンションも「高い」になりました。

まぁ何もなかったんですけどね。

 

 

謎の挙動の原因

先程と同じ動画です↓


この挙動のポイントは素早く連続で抜刀→納刀と繰り返していることです。

 

2回目の抜刀直前の動作を見てみると、

カルナとメリアはまだ抜刀状態になっています!

この時点ではバフもテンションも維持しているわけですね。

で、納刀に入る前に2回目の抜刀が始まって抜刀状態なのにもう一度抜刀が始まると。

 

カルナとメリアの納刀モーションが遅いことは普通に遊んでいても感じられるので、このネタを知っていた方もいるかもしれませんね。(コメントでは報告されていなかったはず。)

 

 

二重抜刀の仕様

仕様はこれだけです。

  • テンションは維持され、2回目の抜刀テンションも加算される
  • バフも維持され、2回目の抜刀付与系バフも発動する
    が重複も上書きもない

 

抜刀中にもう一度抜刀の効果が発動する。そんな感じですね。

抜刀で付与されるバフが二重に掛かったら最高だったんですが、残念ながら同じバフは重複せず、効果時間の延長もありませんでした。

 

もし重複したのなら最大ダメージが更新される可能性もあったんですけどね~。

 

テンションの方はジェムとスキルを節約しながら、いきなりテンション「高い」にすることも可能です。でも使う場面はないですね・・・。

 

 

無限バフについて

二重抜刀の応用です。仕様を確認しているときに偶然見つけました。

 

やり方

  1. 抜刀する
  2. メリアがエレメントを召喚してカルナが何らかのアーツを使用するのを待ってから納刀する
  3. すぐに抜刀する

 

納刀モーションが短いリキで操作するのがオススメです。

納刀前にメリアが召喚した不可視のエレメントがカルナにだけ残ります。そしてエレメントのバフが永続します。

何もしなければバフがずっと続きますが、メリアが同じエレメントを出すとカルナだけの特別なエレメントは消えてしまいます。

 

応用で2回目の抜刀前にメニューを開いてメリアをパーティーから外した場合でもカルナだけの特別なエレメントは残ります。

これによりメリアなしでメリアのバフを付けることが可能になります!

ちょっと凄そうですよね?

でも今回は活かす方法を思いつきませんでした。

有効活用できたらメリアちゃんがサムネのように怒るでしょう。

『私一人だけ逃げ帰れと言うのか!』

 

カルナ以外で無限バフを使うには非戦闘状態(非発覚状態)で何らかのアーツを使わせる必要があります(アーツモーション中に操作キャラだけ納刀するため)

ラインに無限バフを付けれたら面白いんですがね~。

 

さらなる発展に期待しつつ今回は以上です。

 

_人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
> コメント0件!書き込みのチャンス! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。URLを含むコメントは承認待ちになります。